就活を控えた大学3年、院1年の皆さんはインターンシップへの参加を検討されている時期ですかね?

今回はそんなインターンシップについて解説します。

インターンシップは企業ごとに拘束期間が違います。

社員と同様に9時から17時までを2週間続けるものもあれば、1日午後だけで終わるものもあります。

ここでは1dayインターンシップについてご紹介します。

 

1dayインターンシップのプログラム内容

プログラム説明

1dayインターンシップはたいてい午後開始で、13時から18時までの5時間です

短い時間ですが、内容は盛り沢山です。

1dayインターンシップ内容
  • 会社説明
  • グループワーク
  • 座談会

     

    会社説明

    1dayインターンシップで最初に行われるのが会社説明です。

    その業界全般の業務内容や市場情報から、企業が過去行ったビッグプロジェクトや現在進行中のプロジェクトについて紹介されます。

    ネットで会社HPを見るよりも手早く簡単に企業を知ることができるので、企業研究に役立てて下さい。

     

    グループワーク

    グループワークの流れは自己紹介→課題説明→自分で案を考える→グループで共有し話し合う→発表です。

    自己紹介では「最近感動したこと」などテーマが与えられて、名前とテーマについて回答します。

    基本的に大学名は言わないルールです。

    どこの大学でも偏見なく、皆平等に話し合うためです。

    marchあたりが「君どこの大学?」って聞きがちですが、本当に優秀な東大生やハーバード出身生は言いたがりません。

    そこでマウンティングするとグループワークに支障をきたすと知っているからです。

    たとえ自分が有利になる場合でも聞かないように。

     

    次に課題テーマが発表され、それをどう解決するかグループで話し合います。

    最初の5分間は個人で考えをまとめ、その後グループで共有します。

    妥協し合って答えを出したら、最後は全員の前でグループごとに発表します。

    発表には順位がつけられて、1位のグループはご褒美が貰えます。

     

    座談会

    企業によってはグループワークの後に座談会が設けられているところもあります。

    オードブルなど軽食を食べながら社員に質問できます。

    社員は人事部以外の部署からも来てくれます。

    社員に直接質問できる貴重な機会なので積極的に質問しましょう。

    給料を聞くことも許されているほど何でも答えてくれます。

     

    1dayインターンシップに参加するメリット

    メリットに喜ぶ画像

    短時間だから気軽に参加可能

    現在就職開始は3月ですが、インターンは直前の1月や2月に多く開催されます

    企業研究や就活開始に向けてスーツの準備で忙しい時期ですので、短時間で参加できるのは嬉しい点です。

     

    企業研究に役立つ

    1dayインターンシップでは社員が企業活動を紹介してくれるので、わざわざネットで調べなくても企業研究ができてしまいます。

    つまり、インターン採用枠を狙いつつ1日で企業研究まで完了します

    1dayインターンシップを複数社応募して、比較しながら企業研究するのも良いでしょう。

     

    面接の話題づくり

    本格的に就活が始まり面接選考に進むと、ほぼ100%聞かれる質問が「うちのインターンは参加した?」です。

    参加していれば感想を聞かれるなど質問が続きます。

    面接官と長く会話する学生ほど内定率が高くなる傾向があるので、参加しておくと有利です。

    また、インターン参加者を優先的に採用する企業もあります

     

    1dayインターンのデメリットと注意点

    デメリットに悩む画像

    外面の良い企業に騙される

    1日しか企業を見れないため、その日だけ取り繕って見せるブラック企業に騙される恐れがあります

    ホストクラブのホストを見て分かる通り、ダメな会社ほど外面が良いです。

    人柄よりも、業績や平均勤続年数、休暇制度等を調べて、信用できる企業か疑ってく下さい。

     

    公表年収は3割増し

    座談会では年収を教えてくれる社員もいますが、たいてい見栄を張っていたり、手取りでなく額面で言ってきたりします。

    実際はその7割程度と思っておくと良いでしょう。

     

    1dayインターン参加前に知っておくべき注意点

    注意喚起

    持ち物・準備するもの

    1dayインターンの持ち物は筆記用具と印鑑のみです。

    水やお茶は支給されない場合もあるので心配な人は一応持って行きましょう。

    印鑑はインターン開催場所までの交通費を支給される場合に必要になります。

    持ち物は事前に連絡されますが、忘れないように注意しましょう。

     

    服装

    服装は全員スーツです。

    一部IT系のインターンでは私服が認められているようですが、基本的にはスーツですので特に指定されていない場合はスーツで行くようにします。

    まだ就活用のスーツを購入されていない方は急いで購入して下さい。

    無いからといって入学式用のスーツで行ってはいけませんよ!

    同じ黒でも全然違うので恥ずかしいです。

    それと忘れがちですが鞄(カバン)も必須です。

    リュックではなく鞄です。

    就活用の鞄はamazonで安く売っているので探してみて下さい。

     

    髪型

    髪は黒髪前髪が目にかからないようにしましょう。

    男性は外ハネNGです。

    たまにいますが、わざわざインターンに来て「僕を落としてください」と言っているようなものです。

    また、皆黒髪かつスーツのため少しでも茶髪だと浮いて見えてしまいます。

    茶髪の人は妥協せずに黒染めして下さい。

    元々髪色が明るい方も同様です。

    残念ながら「地毛です」なんて通用しないのが現代社会です。

     

    参加するにあたっての心構え

    心構え

    1dayインターンシップは短時間で気軽に参加できてしまうため、チャラチャラした学生も多いです。

    そんな人と一緒に大学生ノリで騒いでしまわないように。

    あなたがライバル視し、対等になるべきはそっちではなく、真面目で姿勢正しい人の方です。

    それとグループワークの自己紹介は事前に練習しておくのがオススメです。

    グループワークでは積極的に話す人が社員の目に留まります。

    始めの自己紹介がうまく行くと緊張がほぐれて話しやすくなりますよ!

     

    以上今回は1dayインターンシップをご紹介しました。