文理選択とは

文理選択とは、文系クラスと理系クラスに分かれることで、一般的に高校2年時に行われます。

文理選択後はクラスごとに異なる範囲の授業を受けます

授業科目の違い
  • 文系
    国語、歴史を重点的に習う
  • 理系
    数学、物理、化学を重点的に習う

 

大学受験への影響

文理選択は大学入試に大きく影響する重要な選択です。

大学入試では、同じ大学でも学部ごとに科目の点数配分が異なります

例えば工学部なら物理や数学、文学部なら国語の点数配分が大きいです。

つまり、配分の大きい科目とクラスの授業範囲が合致しているほど受験に有利です。

文系が有利な学部
経済学部、経営学部、文学部、法学部、外国語学部、教育学部、商学部
理系が有利な学部
理学部、農学部、工学部、医学部、薬学部、歯学部、看護学部

 

就職先への影響

文理選択の就職先への影響も絶大です。就職に関する文系と理系の違いを以下にまとめました。

文系の適職
文系は経営的な視点で人を動かすリーダー的職種に向いています。
若いうちは営業や会計などの事務仕事が主で、その後事業方針を決定する役職に就く。
適職:不動産、商社、弁護士、銀行、会計士、編集者、通訳
理系の適職
理系は技術力を活かしたものづくりで社会に貢献します。
若いうちは現場の仕事を担い、その後計画立案や設計に携わる。
適職:メーカー、建築士、航空技士、研究者、鉄道、薬剤師、医師、SE

 

文理選択のコツ

文理選択で大切なのは2つです。

文理選択で大切なこと
  1. 学力傾向
  2. 将来の夢

 

学力傾向

自分の学力がどちら向きかを考えましょう。

数学は得意だけど、歴史は…。

という方は理系に進むと良いでしょう。

 

僕は数学はできないけど国語は得意!

という方は文系が合っているでしょう。

国語や社会が得意なら文系、数学や理科が得意なら理系がオススメです。

 

将来の夢

文理選択で最も重要なのは将来の就職先との関係です。文理の適職となりたい職業を見比べてみて下さい。

「文系から建築士」のように、適職と合わない職業には就職しにくく、就活で苦労しますので、今の学力傾向だけで安易に選択してしまうのは注意しましょう。

文理選択後はそれぞれに合った授業範囲になるので、苦手な科目も得意になる可能性も十分にありますので。

 

以上今回は文理選択の概要とコツを紹介しました。

就職先に影響する重要な選択ですので、ただのクラス替えだと安易に決めてしまわないように。