あなたは友人と賑やかなレストランに来ています。

隣のテーブルで面白い話をしていて思わず聞き入ってしまい、友人の話が聞こえなくなってしまうことってありますよね?

本日はその不思議な現象を解説します。

 

カクテルパーティ現象とは

先ほど例に挙げたシーンのように、遠くの話でも意識した音ならよく聞こえますし、その間は近くの人の話は聞こえなくなってしまいますよね?

このように、自分の意識したものが優先的に聞こえることをカクテルパーティ現象と呼びます。

 

つまり、耳は目と違って移動することも独りで塞ぐこともできませんが、意識した音を的確に聞き、興味の無い音を聞かないことが可能ということです。

まぶたや瞳の移動により物理的に見える対象を選択する目と違って、耳は物理的な処理をせずに対象の選択をします。

カクテルパーティ現象は脳の意識による現象として、心理学の分野で研究されています。

 

両耳分離聴実験

カクテルパーティ現象は、注意の対象選択によって起こります。

チェリー(1953)はカクテルパーティ現象の存在を両耳分離聴実験によって明らかにしています。

f:id:KaMI_KaZE:20181130012453j:plain

両耳分離聴実験とは、左右に同じ人の音声メッセージを流し、聴き取りテストを行う実験です。

両耳分離聴実験
  1. まず片方の音声を声に出して繰り返すように指示し、意識を向けさせる。
  2. 音声終了後、もう片方の音声がどれだけ聞こえていたか確認テストを行う。

実験の結果、音読した内容はよく記憶していたのに対し、もう片方の内容はほとんど記憶していませんでした

つまり、意識側の音声だけ選択して聴く「カクテルパーティ現象」が証明されたわけです。

 

ちなみにチェリーはもう1つ実験をしていました。

意識していない方の音声の途中に、ピーという機械音を混ぜていたのです。

f:id:KaMI_KaZE:20181130012520j:plain

すると被験者は、意識していない方の音声の意味内容は記憶していなかったものの、ピー音が聞こえたと答えたのです。

つまり意識していない音声は、意味内容は理解できないものの、機械音など極端な音の変化は認知できると分かりました。

 

TOEIC対策に応用してみた

では、カクテルパーティ現象を利用したTOIEIC対策をご紹介します。

カクテルパーティ現象はTOEIC part3,part4のリスニング問題に利用できそうですね。

part3,4は問題文と選択肢が文字で与えられていて、会話やスピーチ音声を聴いて解答するパートです。

1つの音声に対して問題3つを同時に解答しなければならない難パートですね。

 

part3,4では、先に問題文を見ておいてから音声を聴くのが定石です。

part3,4でやりがちなミスが、音声の途中で

あっ、これ1問目の答えだ!

と気づいている間に音声が先に進んでしまっているパターンです。

これもカクテルパーティ現象の1つですね。

 

答え部分の音声を忘れないようにと、心の中で反復してしながら選択肢を探していませんか?

そのせいで先の音声に意識が向かず、聞こえなくなってしまうんです。

実際には同時並行で流れていないはずなのに、心の中で反復することで同時並行し、カクテルパーティ現象が起こってしまうんです。

 

心の中のことなんて対策できるの?

対策はすごく簡単です。答えだと分かっても心の中で反復せず(覚えようとせず)続きの音声を聴き続けて下さい。

自宅学習で練習して、そういう癖をつけておきましょう。

すぐマークしないと忘れてしまわない?

大丈夫です。一時期「アハ体験」が流行りましたが、ハッと気づいたことは強く記憶に刻まれるものです。

後で選択肢を見れば思い出して解答できますので、安心して音声に集中して下さい。

実際私もこの練習をしていましたので、実証済みです。

 

以上今回はカクテルパーティ現象の意味と、それを応用したTOEIC対策をご紹介しました。

音声形式のテストなら、他のテストにも応用できるので、学校の英語テストやその他の資格試験などに役立ててみて下さい。