かみ速study

偏差値40でTOEIC930点・東大合格。実力なんて無くてもテストは解けます。テストのためだけの勉強法教えます。

2020年で嵐が引退!?嵐の歴史を振り返ろう【ニュース】

 

超人気グループ「嵐」が、2020年12月31日をもって活動休止することを発表しました。

引退のニュース報道の詳細とともに、嵐のデビュー当時から歴史を全て振り返ってみましょう。

 

メンバー

嵐は、5人組のジャニーズグループで、大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤で構成されます。

 

大野智

1980年11月26日生まれ。大野くんは嵐のリーダーで、「怪物くん」などの主演作品をいくつも手掛けています。口数は少なく、どこか捉え難い不思議な性格が人を魅了していました。

 

櫻井翔

1982年1月25日生まれ。嵐で最も有名なのが櫻井くんでしょう。俳優業からニュースキャスターまで幅広く活躍し、テレビで見ない日はありません。NHK紅白歌合戦でも司会を務め上げました。

 

相葉雅紀

1982年12月24日生まれ。「貴族探偵」などで主演を果たし、ファッション界でもベストジーニストを3年連続で獲得して殿堂入り、またバラエティでも活躍する癒し系。

 

二宮和也

1983年6月17日生まれ。「GANTZ」や「ブラックペアン」など俳優業での活躍が目立ちました。ゲーム好きでインドア派な性格から、親しみやすいキャラクターとして人気でした。

 

松本潤

1983年8月30日生まれ。「花より男子」で一躍人気となり、その後も「失恋ショコラティエ」など女子の心を奪い続けました。通称「M.J.」としてバラエティ番組でも大いに活躍しました。

 

嵐の歴史を振り返る

デビュー当時(1999)

嵐は1999年9月15日に結成し、1999年11月3日に「A・RA・SHI」でデビューしました。オリコンシングルランキングでは週間1位を獲得し、華々しくデビューを飾りました。

 

2000年

デビュー翌年の2000年には初の両A面シングル「SUNRISE日本/HORIZON」が初の月間1位になりました。また、4月6日には初コンサートも果たしました。

 

2001年

デビュー2年後には初の単独レギュラー番組「真夜中の嵐」の放送が開始されました。

 

2002年

相葉雅紀が肺気胸を患い入院し、しばらく残り4人での活動を余儀なくされました。

 

2004年

結成5周年を迎え、メンバー自身で作成したCD「スケッチ」を発表し、抽選で100名にプレゼントする企画を行った。記念Tシャツもつくられました。

また、「24時間テレビ」でメインパーソナリティを務めるなど、活躍の幅をどんどん広げていきました。

 

2006年

3月に二宮がハリウッド映画「硫黄島からの手紙」に出演することとなり、アメリカに渡ったため、しばらく残り4人で活動することとなりました。

 

2009年

10周年を記念し、「5×10」を作詞し、メンバー全員で感謝を表した色紙を抽選で5000枚を配布しました。

また、2009年12月31日には紅白初出場を果たしました。

 

2010年

2月24日、「第24回日本ゴールドディスク大賞」にて10冠を達成しました。また、「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」を始めて受賞し、音楽業界で大活躍しました。

バラエティ番組「嵐にしやがれ」が放送開始したのもこの年です。

また、昨年の紅白出場のおかげか、紅白歌合戦では白組司会に起用されました。

 

2012年

紅白歌合戦と、24時間テレビの両方の司会を務めるほど、司会としての座を確立しました。

アーティストとしては、11月から1月には5大ドームツアー「ARASHI LIVE TOUR Popcorn」を開催しました。

その後も活躍を続け、特に紅白歌合戦には毎年出場する常連でした。

2016年には8回目の紅白出場を果たし、2回目の白組トリを担当しました。また、相葉雅紀が個人で司会を務めました。

また、2017年には二宮和也が紅白司会を務めました。

続く2018年の司会は櫻井翔が務めました。嵐としては3回目の白組トリを務めま上げました。

 

2019年

2019年に結成20周年を迎え、カウントダウンコンサート内で、20周年記念メドレーを披露しました。

そして1月27日、公式ファンクラブにて、2020年12月31日をもって活動を休止することを発表しました。

 

引退ニュースの詳細

2019年1月27日に活動休止を発表しましたが、その前兆は2017年にありました。

2017年6月中旬ごろ、大野くんが4人を集めて、「自分の嵐としての活動を一旦終えたい。自由な生活がしたい。」と打ち明けました。大野くんはこの3年前にあたる2014年頃から自由に生活したいと感じるようになったと言います。大野くんは申し訳ない気持ちがあると涙を浮かべていました。

 

27日にファンクラブサイトで配信した動画では、約2年後の活動休止を発表するとともに、「2020年いっぱいまで走り抜きたい」と志を表明しました。

活動休止は残念ですが、最後まで全力で駆け抜ける嵐の活動を今後も見守っていきたい。