かみ速study

偏差値40でTOEIC930点・東大合格。実力なんて無くてもテストは解けます。テストのためだけの勉強法教えます。

理系から文系職就活はどんな人にオススメ?

 

理系職といえば化学系、建設系、SEなど、主に理系学生が就職します。

理系職では大学で学んだ専門知識が必要になるため、文系学科からの就職は少ないです。(事務や営業、単純作業は除く)

一方、理系からの文系職就職は少なくありません。

文系職は大学の知識を必要とせず、専門知識は入社後に身に付ける場合が多いためです。

そこで、就活中の理系学生のために文系職の特徴と、どんな人にオススメなのかをまとめてみました。

文系職の特徴

文系女子

将来リーダーになるのは文系職

文系職の一番の魅力は将来リーダーの立場になれる点です。

省庁のシステムを見ると分かりやすいですが、環境省や国土交通省など理系の省庁でも、そのトップである大臣はいつも文系の政治家です。

企業の社長なども経済動向や人脈作りの営業など、文系能力に長けた人が多いです。

将来独立・企業したい理系学生は、文系能力を身に付けるために文系職就職を目指すのも良いでしょう。

 

理系学生が採用されにくい理由

文系職と呼ばれるからには、社員も文系の学生が多いです。

しかし採用試験で理系学生が不利になる仕組みなどはありません。

大学の知識が関係ないためわざわざ文系学生を採用する意味もありませんし。

 

ではなぜ文系学生の採用率が高いのでしょうか?

その理由は2つあります。

  • そもそも志願者に文系学生が多い
  • 理系学生のコミュニケーション力不足

2点目に挙げた「理系学生のコミュニケーション力不足」はよく言われる話でもう聞き飽きているかもしれません。

理系学生の中には「自分はちゃんと話せる」という方もいらっしゃるでしょう。

しかし多くの場合、それは勘違いです。

アニメなど興味のある話や仲の良い学生との話はできて当然です。

友人でも先生でもなく、自分と何の利害関係も無い、恋愛感情も無い、育った環境も額数レベルも違う人と、あなたはどれだけ会話できますか?

 

コミュニケーション能力の差は、インターンシップに参加すると良く分かります。

自分はコミュニケーションできているのか、気になる方は文系職と理系職両方のインターンに参加してみて下さい

理系職のインターンに参加する理系学生がいかに会話できないか感じるはずです。

そして自分はどちら側の人間か確認してみて下さい。

学校推薦じゃなく、OB推薦

理系学生が理系職に就職する場合、学校推薦として大学が保有している企業の内定枠を貰えます。

一方文系職の場合は、大学や教授からの推薦はありません。

その代わりにOB推薦(リクルーター推薦)があります。

 

OB推薦とは、大学からその企業に就職した人(OB)が企業の内定枠を持っていて、そこに推薦してくれるというものです。

この内定枠をリクルーター枠とも呼び、詳細は以下の記事で紹介しています↓

kami-kaze.hatenablog.jp

 

OB推薦は理系学生だから貰えないということはありませんが、OBに連絡を取る手間がかかります。

しかしその手間以上の価値があり、大手企業ではOB推薦の無い人は面接すらして貰えないこともあります。

Q.大学の勉強が無駄になりますか?

理系職だからと言って必ずしも大学の知識が活きるというわけではありませんが、文系職に比べると活きる可能性は高いです。

ただし、大学のテストで勉強した内容がそのまま使えるわけではなく、資格取得のための勉強の基礎として活きてきます。

基礎を持った状態で勉強するため、資格取得が少し楽になります。

 

文系職では入社後に基礎から勉強するので、入社後苦労します

ただし、同期の文系学生も同様に1から勉強するため、周りからのプレッシャーを感じることはありません。

「入社後も勉強をバリバリ頑張れる!」という方は文系職が向いているかもしれません。

どんな人にオススメ?

オススメか分からず悩んでいる女子

資格勉強を基礎から頑張れる人

前述の通り、文系職は大学の知識が活きず、資格勉強を基礎から始めなければいけません

入社後も勉強を継続するやる気がある人にオススメです。

 

会話ができる人

前述の通り、一般的に理系学生は会話が苦手です。

文系職と理系職のインターンに参加し、比較してみると理系学生の会話能力不足がよく分かります。

その違いを知った上で「私は会話能力がある」と自信を持って言える方は、文系職にも内定の見込みがあります。

文系職入社後は営業活動が主になり、毎日初対面の人と話すことになります。

自信と同時に、会話を楽しめる人が文系職に向いています

 

夢を見たい人

前述の通り、文系職はリーダーになる人が多いですし、年収も高い傾向にあります。

不動産営業の求人情報サイトを見ると、1年目で年収1000万超もあり得るようです。

歩合制のため不安定ではありますが、夢のある仕事ですね。

 

他の文系職に関しても、絶対な技術を持つ理系職に比べると不安定で、定義できない能力が求められます。

しかしその定義できない能力を上手く扱うことができれば、ドン!と大きな報酬を得ることが可能です。

この観点で見ると、大きな野望を持つ方にオススメといえます。

 

最後に

文系女子から最後に一言

ここまで文系職がどんな人にオススメか書いてきました。

参考にして自分には文系職が合うかなと悩んで頂いたかと思います。

しかし結局、文系職と一括りに考えず、自分が就きたい職を探すことが一番です。

結果としてそれが文系職なら、その人には文系職がオススメです。

もし、その仕事が自分に合っているか不安だという方は、その企業のインターンシップに参加してみてはいかがでしょうか?