かみ速study

偏差値40でTOEIC930点・東大合格。実力なんて無くてもテストは解けます。テストのためだけの勉強法教えます。

学生のデート率低いは読み間違い!?実は全然すごい学生の恋愛事情

f:id:KaMI_KaZE:20181106010058j:plain

学生のデート率低いは間違い

学生と言えば恋愛が醍醐味ですよね?

2018年11月に発表された大学生アンケート調査では、デートを経験したことのある学生は男子学生の71.8%、女子学生の69.3%となり、過去最低となったと報道されています。

mainichi.jp

 

アンケート結果を受けて、多くの記事では「草食系が多くなった」とか「性経験が少ない」と書かれています。

 

が、しかし!

これはデータの読み方すら分からない人の考え方です!

 

 

データをよく見て下さい。

 

実はこのアンケートは、中学生、高校生、大学生を対象に調査されたもので、大学生のみを対称とはしていないんです。

対称は、札幌市や京都市など43市区町村で、中学生4449人、高校生4282人、大学生4194人です。

つまり回答者は中学生が一番多いんです!←ここ大事!

 

中学生で71.8%と考えたら高すぎるほどの値ですよね?

 

 

また、進学校に通う方であれば、高校生が71.8%でも高いと感じる方が多いのではないでしょうか?

 

71.8%って低いか?

f:id:KaMI_KaZE:20181003131200p:plain

前述の通り、データでは71.8%とされていますが、大学生に絞るともう少し高い数値になることは予想されます。

 

それと何より、71.8%って低いですか??

 

 

むしろ多すぎるくらいだと私は感じました。

学生の本分は勉強なわけで、進学校なら朝から晩まで勉強漬けの学生も多いです。

 

クラスの7割が恋愛していると考えたら、「そんな暇あったら勉強しろ」と言いたくなってしまいます。

 

最近は誰でも大学に行けるようになってしまい、そこまで勉強しなくても良くなっています。

これが学生の勉強意欲を低下させ、恋愛遊びに現を抜かす原因の1つだと私は思います。

↑「現(うつつ)を抜かす」が読めなかった人、勉強しましょう(笑)

 

 

以上今回は学生のデート率のアンケート結果から、学生の恋愛観について考えてみました。

 

勉強したくなった方はこちらの記事をご覧ください↓

www.kami-kaze.com

www.kami-kaze.com