かみ速study

偏差値40でTOEIC930点・東大合格。実力なんて無くてもテストは解けます。テストのためだけの勉強法教えます。

クリスマスソングでTOEIC勉強を効果的にしよう

 

冬の季節になると街中でよく耳にするクリスマスソング、「ジングルベル」。

イオンなど大型ショッピングセンターだと日本語版が流れていますが、カフェやバーでは英語版が流れていることもよくありますね。

本日はこの「ジングルベル」を例に挙げ、洋楽を利用したTOEIC勉強法をご紹介します。

 

歌詞と日本語訳

ところで、英語版のジングルベルは歌詞がとってもユニークなのを知っていますか?

同じ曲なのに英語版だけユニークってどういうこと?

というのも、日本語版は英語版とでは内容ががっつり違うんです!

 

百聞は一見にしかず。英語版と日本語版を見比べてみましょう。

歌詞はこちらの2サイトを参考にさせて頂きました→ジングルベル Jingle Bellsクリスマスソング

  1. Dashing through the snow , In a one-horse open sleigh(走れソリよ風のように)
  2. Over the fields we go, Laughing all the way(雪の中を軽くはやく)
  3. Bells on bob-tail ring, making spirits bright(笑い声を雪にまけば)
  4. What fun it is to ride and sing, A sleighing song tonight, O(明るい光の花になるよ)
  5. (※)Jingle bells, jingle bells, jingle all the way!(ジングルベルジングルベル鈴が鳴る)
  6. O what fun it is to ride In a one-horse open sleigh(鈴のリズムに光の輪が舞う)
  7. (繰り返し※)Jingle bells, jingle bells, jingle all the way!O what fun it is to ride In a one-horse open sleigh(ジングルベルジングルベル鈴が鳴る 森に林にひびきながら)

 

英語が分からなくても文字数的におかしいなってところがありますよね?笑

特に最後、英語は同じ繰り返しなのに日本語訳は違うというのは不思議ですよね。

 

歌なので、リズムが合うことを優先して、意味内容は多少違ってもいいや!って翻訳してるみたいですね。

その証拠に日本語訳した歌は翻訳家ごとに違っていて何種類もあります。

f:id:KaMI_KaZE:20181210171709j:plain

(クリスマスソングより)

それにしても豪快な翻訳をされてますね笑

歌の翻訳としてはオッケーですが、これで英語を勉強するには不便です。

 

そこで、私が英語に直訳しておきました!とは傲慢ですが、所々修正しました。

  1. Dashing through the snow(雪の中を走り抜けろ)
  2. In a one-horse open sleigh(一頭立てのソリよ)
  3. Over the fields we go(広がる世界に繰り出すぞ)
  4. Laughing all the way(あふれる笑い声とともに)
  5. Bells on bob-tail ring(スズが鳴り渡れば)
  6. making spirits bright(心はいっそう明るくなる)
  7. What fun it is to ride and sing a sleighing song tonight, O(ソリに乗り、ソリの歌を歌うのはなんて嬉しいことだ)
  8. Jingle bells, jingle bells, jingle all the way!(ジングルベル,ジングルベル,鳴り渡れ)
  9. O what fun it is to ride In a one-horse open sleigh(ソリに乗るのはなんて楽しいことなんだ)

 

洋楽を利用したTOEIC勉強のやり方

先程の英語版歌詞と、日本語訳を利用したTOEIC勉強法を説明していきます。

  1. 英語版の歌詞を自力で日本語に翻訳してみましょう。分からない所はその都度日本語訳を確認します。
  2. 日本語訳から意味が分かったはずですので、次は意味を感じながら英語版を読みます。
  3. 英語版の歌詞を見ながら英語版音声を聴きます。
  4. 英語版音声のみを聴き、意味を感じます。

以上の手順を行うことで、英語版の曲から意味を理解することができるようになります。

 

洋楽は好きだけど歌詞は理解していない

という方も、上記の方法を使えば簡単に理解できるようになります。

好きな曲の歌詞も理解すれば、もっと好きになれますし、そんな感じでどんどん洋楽を理解していくことがTOEIC勉強に繋がります。

 

以上今回は定番クリスマスソングの「ジングルベル」の歌詞を使ったTOEIC勉強法をご紹介しました。

洋楽は生きた英語であり、英語勉強には最適な教科書です。ぜひ、活用してみてください。