かみ速study

偏差値40でTOEIC930点・東大合格。実力なんて無くてもテストは解けます。テストのためだけの勉強法教えます。

研究室HPってどこ見ればいい?必須7ヵ条

 

外部の大学院受験を考える際には、他大学の研究室HPを見ます。

どのような先生がいて、どんな研究をしているのか、比較検討して希望の研究室を見つけます。

しかし、大学院は星の数ほどあります。

全て見るのは不可能です!

そこで、ポイントを抑えて短時間で研究室を探す"時短テクニック"をお教えします。

 

抑えるポイント

まずは目星の大学と専攻をいくつか決めます。

学費が安い方がいいなら国立に絞ったり、関西の大学に絞ったりして、候補を決めましょう。

そして1つ1つHPを見て、最終的に受験する研究室を決定します

 

専攻内にはどんな研究室があるか

専攻の中にはいくつも研究室があります。

まずは、専攻内にどんな研究室があるか見てみます。

現在の専門分野と同じ研究室を選ぶ方は、「他の研究室を見ても仕方ない」と感じるかもしれませんが、とりあえず見てみて下さい。

他の研究室と比較することで、希望の研究室がどんな立場にあるのか分かります。

 

具体的には、他の研究室と研究範囲が被っていて共同で研究することが多いのか、一切被っておらずその分野について大きな責任を持つのか等です。

 

どんな論文を出しているか

同じ分野でも、大学や先生ごとに論文の傾向は違います

実験か数値解析か、研究対象は日本か海外かなど様々です。

研究室HPには過去の論文が必ず載っています。

どんな論文を出しているか確認しましょう。

 

研究の傾向から見る研究室選びはこちら↓

kami-kaze.hatenablog.jp

kami-kaze.hatenablog.jp

 

メンバー構成は?

次に、研究室のメンバー構成を見てみましょう。

特に修士学生の数が重要で、自分がその中の一人になるわけです

多い方が良いか、少ない方が自分に合っているか考えてみましょう。

また、海外意識の高い方は留学生の数も参考になるでしょう。

教授数は多い方が良いです。

困ったときに、担当教授以外からもアドバイスを貰えます。

 

場所はどこ?

関西か関東かなど大体の位置は大学名だけで分かります。

ここで言う場所とは、キャンパスの詳細な位置です。

例えば東京大学でも、本郷と駒場にキャンパスがあり、研究室によって配属場所が違います。

基本的に本郷で講義が行われますので、駒場キャンパスの研究室の場合は注意しましょう。

 

研究室ニュースを見逃しがち!

研究室HPや専攻HPに、ニュースという項目があるのを見たことがあるでしょう。

ここには「誰がどんな論文を出した」とか「先生がTV出演した」とか載っています。

よく見逃しがちですが

非常に重要です。

特に「修士学生が研究論文を提出しました」「その論文が授賞しました」というニュースに注目です。

それは、修士論文以外にも論文を提出している証ですので、その研究室の研究に対する熱意が分かります

 せっかく大学院に行くのですから、「修士論文を書いて終わり」ではつまりません。

 

卒業生の進路

研究室への興味が湧いて来たら、そこに入学した後の未来まで想像しましょう

卒業生がどんな企業に就職しているのかを見ると、自分の将来像も見えてきます。

専門職に就く方が多いか、広い知識を身に付けて進路の幅が広いのか、自分の希望進路と大きく外れていないかしっかりと確認しておきましょう。

 

倍率

最後に、受験を目指すまで心が固まって来たら入試倍率を確認します。

 

これはHPには記載されていない項目ですが、同時に確認しておきましょう。

「大学名_専攻名_合格者数」で検索すると出てきます。

東京大学工学系研究科の場合↓

f:id:KaMI_KaZE:20180813174759p:plain

(東京大学大学院 工学系研究科 | 大学院へ入学を希望される方 (一般入試)より)

社会基盤学専攻だと、内部生52人の内51人が合格したのに対し、外部生は34人中16人しか合格していません。

外部生は2倍強ということですね

まあ学部の入試倍率に比べれば、全然低いです。

例年の倍率はもう少し高くて、2017年も2016年も3倍を超えています

昨年分だけではなく、過去数年分の倍率を見ておきましょう

 

 

いかがでしたか?希望の研究室が決まりましたか?

もっと研究室を知りたい方は研究室訪問も検討してみて下さい。