かみ速study

偏差値40でTOEIC930点・東大合格。実力なんて無くてもテストは解けます。テストのためだけの勉強法教えます。

【東大生が教える】企業研究のやり方

 

志望企業を探す「企業研究」、皆さんは正しく行えていますか?

今回は正しい企業研究のやり方をご紹介します。

 

企業HPの見方は?

企業研究は企業HP、インターン参加、OB訪問などがありますが、基本的には企業HPを活用します。

 

OB訪問等だと、どうしても個人の主観が入ってしまうのに対し、企業HPは企業側が公式に発信している情報のため信頼できます

 

企業理念

企業HPで最初に見ておくのは企業理念です。

企業HPから企業理念(もしくは経営理念)に飛んでください。

 

どの企業も、「誠実に」「お客さま第一」「社会貢献」等、ありきたりな文言が並んでいるはずです。

企業理念は、企業の特徴を知るというよりも、志望動機を書くときに利用します。

例えばこんな感じ↓

企業理念に●●とあり、私も~の経験でそれを実感しており、共感しました。

 

社長の言葉

こちらも企業理念と同様に、志望動機を書くのに利用します。

ただし、企業ごとに内容がガラッと異なるので、企業の特徴も出ます。端から端までしっかりと見ておきましょう

特に、何を一番大切にしているのかという企業の経営方針に注目して読み進めて下さい。

 

グループ企業、部署

自分の専門や興味から企業研究する会社を選んでいる方が多いと思います。

そのため自分の部署についてはよく調べるでしょうが、他の部署があることも知っておくべきです。

入社後は同じ会社で働きますし、他部署の方と関わることも少なくありませんから。

 

特に大手企業の場合は、グループ企業としていくつもの子会社を有している場合があります。

グループ企業は全く異なる分野の事業を行っていることもあり、子会社の数はそのグループの能力の幅とも言えます。

同じグループ内にどんな会社があるのかも確認しておきましょう。

例えば、フジテレビが有名なフジサンケイグループは、サンケイビルという不動産会社と同じグループで、フジテレビの発信力を活かした魅力ある不動産開発を強みにしています。

 

事業プロジェクト

過去に行われたビッグプロジェクトや、現在進行中のプロジェクトも調べておくと役立ちます。

将来の仕事を具体的にイメージできますし、面接で

●●プロジェクトに憧れました

とアピールすることもできます。

 

勤務条件

次は入社後を見据えて勤務条件を調べていきましょう。

企業HPの「採用情報」から見ることができます。

 

勤務地

大卒の方は総合職として採用される場合が多く、たいてい転勤があります。

転勤は仕方ないから調べないという方が多いですが、勿体ないです!

どこに転勤になるかは事前にある程度確認できるんです!

 

全国転勤の場合でも、支店がある地域にしか飛ばされることは無く、支店位置を確認することで転勤場所を推測することが可能です。

 

どうしても転勤が嫌

という方は、地域に根付いた中小企業や公務員を検討してみましょう。

 

転勤についてもっと知りたい方は下記サイトも参考にしてみて下さい。

www.kami-kaze.com

 

週休、年間休日

週休何日か、何曜休みかもチェックしておきましょう。

特に曜日は重要で、営業は平日休みが多いので、今の生活スタイルをガラッと変える必要があります。

 

また、週休ではなく年間休日で表記されている場合もあります。

下記サイトに、業種ごとの平均年間休日ランキングが紹介されていますので、比較してみて下さい。

www.kami-kaze.com

 

初任給

そして一番気になるのが初任給ですよね?

同じ業種でも1~3万円程度の差があり、年収にして12~36万と大きな差になります。

 

志望企業と、同業種の他企業とを比較してみましょう。

下記サイトで紹介している平均初任給も参考になります。

www.kami-kaze.com

 

選考方法

意外と見落としがちなのが選考方法です。

特に募集の種類が重要で、①各部署で募集している場合もあれば、②入社後に部署配属されるパターンもあります。

①の場合は配属部署が決まっているので、確実に希望の仕事を行えます

 

問題は②のパターンです。

総合職として募集され、入社後に各々の適性を見て部署配属されます

特定の部署ではなく、企業の事業自体に興味を持ち、どの部署でも妥協する覚悟が必要です。

大手企業はこのパターンが多く、色んなアプローチで業務に関わりたいと考えられる柔軟な思考の人でなければ大手就職で満足する結果は得られないでしょう。

 

面接で面接官から、

志望と違う部署に配属されたらどうしますか?

と聞かれた場合にも答えられるようにしておきましょう。

 

以上今回は企業研究のやり方をご紹介しました。

自分の適性を見極めて、満足のいく就職活動をしましょう。