かみ速study

偏差値40でTOEIC930点・東大合格。実力なんて無くてもテストは解けます。テストのためだけの勉強法教えます。

最短でTOEIC900点取る裏ワザ!東大生の「およそ暗記」とは?

 

はじめに

私がオススメする「およそ暗記」は、TOEIC専用に開発した、ごく簡単な暗記法です!

英単語には一定の法則があり、それを理解すれば1単語覚える分の努力で5~10単語以上同時に暗記できます。

すべての英単語は、意味の欠片が組み合わって構成されています。

その欠片を覚えておけば、欠片の意味を組み合わせることで英単語の意味を推測し、およそ理解することが可能なんです。

 

手順

「およそ暗記法」の手順は簡単たった3ステップです。

  1. 覚えたい単語の語源を検索してみる
  2. 語源が共通する他の英単語を見つける
  3. 語源部分のみ暗記する

 

やってみよう

例えば、「cover」を覚えたい場合には、coverの語源を検索します。

下記検索サイトが有用です。

https://eigogen.com/

 

語源を調べる

語源は、「おおう ◇L.co-(=強意)+L.operire(=hide) = cover」(https://eigogen.com/word/cover/より引用)と表示されました。

「cover」自体が語源であるということです。

 

共通の語源を持つ英単語を調べる

画面を下にスクロールしていくと、同じ語源をもつ単語を見れます。分かりやすいものをいくつかピックアップして覚えましょう。

この場合には、uncover(覆いを外す)、recover(回復する)、discover(見つける)などが分かりやすいでしょう。

 

語源の欠片を理解する

覚え方の基本は、以下の通りです。

  • 「uncover」:un(否定)+cover=覆うじゃない→覆いを無くす。
  • 「recover」:re(再び)+cover=傷口が皮膚で覆われて回復するイメージ。
  • 「discover」:dis(反対の)+cover=覆うの反対→開く→見つける
  • 「coverall」(仕事着):cover+all(すべて)=大工さんなどのつなぎをイメージ
  • 「coverage」(報道):cover+age(年齢)=時代を網羅する情報
  • 「coverlet」(掛け布団),「covering」(屋根):=覆うイメージだけで覚えれる

このように、coverつながりで10単語覚えることができました。

特に、「re」「un」「dis」「able」(可能)は多くの単語に付いて意味を変えますので、良く理解しておきましょう。

 

以上のように、「およそ暗記法」は英単語(recover)を、意味の欠片(re、cover)に分解して覚える暗記法です。

そうすることで、新しい単語「resign」が出できても、<「re」(再び)と「sign」(署名する)➡入社時1回目、退社時に2回目のサイン➡「辞める」>という意味を推測できます。