かみ速study

偏差値40でTOEIC930点・東大合格。実力なんて無くてもテストは解けます。テストのためだけの勉強法教えます。

【受験失敗後の選択肢】2種類の浪人と、浪人以外の進路を知りなさい

 

国立大学の受験が終わり、大学受験シーズンも終わりに近づいてきましたね。

中にはもう全ての受験を終えた方もいるでしょう。また、一校も合格を貰えなかった学生もいるでしょう。

本日は、そんな受験に失敗した人の今後の選択肢についてお話します。

 

受験失敗後の選択肢

1つも合格を貰えなかったとき、選択肢は浪人だけではありません。また、浪人と言っても色んな種類の浪人があります。

今後の選択肢はこんな感じです↓

  • 家で浪人
  • 予備校に通う
  • 大学進学せずに就職活動
  • 専門学校を目指す

 

家で浪人する

 高校の教科書や通信教材を使用して、自宅での個人学習をメインに勉強する浪人方法です。自宅で浪人を略して、「宅浪」と呼ばれることもあります。

 大学入試に必要な内容は高校で全て教えてもらっているはずですので、その内容を復習してより確実に身に付けていくという意味で、自宅浪人は十分に効果があります。

 しかし、他者からフィードバックを貰うことで、自分の能力を客観視することができなくなります。そうすると、どうしても新しい知識を身に付けにくくなってしまいます。

高校の先生と関係を継続させて、定期的にフィードバックを貰えるのであれば、宅浪を考えてみてもよいでしょう。

 

また、宅浪生の中にはアルバイトを行う人もいます。

多くの学生は大学生になるとアルバイトをして社会勉強をしますが、宅浪しながらアルバイトをすることで周りとの差を埋めることができます。

さらに、宅浪だと人との関わりが途絶えがちですが、アルバイト先で人と関わる機会ができ、勉強のストレスを軽減してくれます。

 

予備校に通う

予備校に通って浪人するパターンもあります。

予備校とは、浪人生が入学する学校で、色んな地域にありますので、調べてみて下さい。

地方の学生で、東京の予備校に上京する人もいます。

その場合には、日本の大都会を知ることもできますし、新しい刺激を沢山受けることができます。

 浪人生は、他の人よりも1年分人生が遅れる気になってしまいますが、その1年を無駄にしないよう、沢山の刺激を求めましょう。

 

しかし良いように考えれば、浪人生は授業が無い分他の人よりも時間に余裕があります。

大学生になればアルバイトは週2,3回は入れればいい程度ですが、浪人生なら週5,6も余裕で入れます。

 私の知り合いは、浪人中にホストクラブの調理バイトをして興味を持ち、大学の調理学科に入学した人がいます。

そのように、浪人中の時間が人生を決定するチャンスにもなりますので、挑戦心を忘れないようにしましょう。

 

大学進学せずに就職活動

 大学進学を諦めて、高卒として就職活動する学生もいます。

現代は大学進学せずとも、Youtubeや起業などで簡単に稼げてしまいます。

高卒として適当な会社に就職して、その傍らでYoutuberとして活動している方々も沢山います。

浪人して他の人と同じ大学に入って同じ会社に入社した場合、1年分の遅れがずっとついて回ります。特にプライドの高い人は一生悩むことでしょう。

それならば、個人事業主として大きく成功する可能性を追究するのもきっと面白いですよ。

金と名誉を手に入れた芸能人のほとんどは高卒ですし、大学進学しないという選択肢も意外と正解なのかもしれませんよ。

 

特に、技術系の仕事に興味のある方は、高卒での就職を考えてみて下さい。

大工や陶芸家など、「手に職」系の仕事は、知識よりも経験歴がものを言います。

私も大工に憧れていましたが、大卒で大工として雇ってくれる企業はほぼありません。

若い人材の方が技術吸収が早いため、高卒が求められているんです。

機械、建築系志望の方は、なりたい自分を想像して、技術者としての自分も考えてみて下さい。

 

専門学校を目指す

 専門学校を目指すという選択肢もあります。

調理系や医療系なら3年もありますが、多くの専門学校は2年で卒業できますので、大学に現役合格した学生よりも早く卒業が可能です。

加えて、専門学校では色んな資格を取得できますので、卒業後は即戦力として会社で活躍できます。

私も一時期美容師の専門学校を目指していましたが、美容師は専門学校に行かなければ国家資格を受験できません。

専門学校は入学のハードルは低めですが、その価値を見誤らないように。

専門が決まってしまうので、その後の進路変更が難しいという短所はありますが、自分の興味が固まっているようであれば候補として考えてみても良いでしょう。

 

以上今回は大学受験に失敗した場合の選択肢を紹介しました。

大学進学が全てではないことと、浪人する場合でも自宅と予備校の2種類あることを紹介しました。

受験失敗は進路を再考するいい機会です。

あなたの進路についてもう一度考えてみて下さい。