かみ速study

偏差値40でTOEIC930点・東大合格。実力なんて無くてもテストは解けます。テストのためだけの勉強法教えます。

人気留学先ランキングは間違いだらけ『1位フィリピンの罠』

 

f:id:KaMI_KaZE:20181120012527j:plain

近年、大学生の海外留学に対する意識は増加傾向です。

 下表は大学生への意識調査の結果です。 

f:id:KaMI_KaZE:20181120001935j:plain

f:id:KaMI_KaZE:20181120001944j:plain

「2014年大学生の意識調査」概要報告|全国大学生活協同組合連合会(全国大学生協連)より

留学したいと考えている学生は67.6%、既に海外経験のある学生は26.6%にも及びます。

つまり、少なくとも4人に1人は既に海外経験があるんです!

 

人気留学先ランキング

人気留学先ランキングがこちらです↓

f:id:KaMI_KaZE:20181120002736p:plain

【徹底比較】おすすめ留学先19カ国《前編》 | 留学・社会人留学ならGlobal Dive(グローバルダイブ)より

1位はフィリピンです。

今ではフィリピンハーフの日本人も多く、親日国として馴染み深い国ですね。

 

じゃあフィリピンに行こう!

 

と考えるのは危険です!

人気留学先ランキングの落とし穴にハマってしまいますよ。

 

フィリピン南部はスラム街

人気留学先ランキングでは「フィリピン」と一括りにしていますが、フィリピンは治安の地域格差が大きいです。

特にフィリピン南部のミンダナオ地方は治安が最悪です。

 

また、日本人が最も多い首都マニラも危険です。

フィリピン全土で発生した刑法犯のうち、25%はマニラで発生しています。

 

マニラは国の10%の人口しかいませんので、単純計算すると、

2.5倍以上も犯罪率が高いんです!

 

じゃあ、どこがオススメ?

治安の地域格差が大きいことは、裏を返せば治安が優良な知己も存在します。

特に治安が良いのは中部に位置するドゥマゲッティ(ドゥマゲテ)です。

 

治安の悪いマニラやミンダナオとは別の島なので安心です。

しかも学園都市として日本人留学生を積極的に受け入れています

 

1週間たった3万円の留学プランもあり、大学の留学制度よりも安価です。

 

検索が面倒な方のために一応サイトを載せておきます。

興味があれば、まずは無料の資料請求をどうぞ。

 

私の調べでは一番手軽に留学できるのが上記のサイトです。

資料請求は無料なので、とりあえず見てみて、大学の留学制度と見比べてみても良いでしょう。

 

平凡なまま人生終わるのは勿体ないですし、新たな一歩に挑戦するチャンスを掴みましょう!