かみ速study

偏差値40でTOEIC930点・東大合格。実力なんて無くてもテストは解けます。テストのためだけの勉強法教えます。

【第二新卒・既卒向け】二度と失敗しない就活のやり方|おすすめ優良就活サイトも紹介!

 

就活に失敗し、就職先が決まらないまま卒業した方、もしくは休学中として就活を続けている皆さま。

新卒と既卒では就活のやり方が全然異なることをご存知ですか?

一般的に既卒の就活は難易度が高く、今まで通りの就活をしていても絶対に内定は取れません。そこで本日は、既卒・第二新卒の正しい就活方法を紹介します。

 

新卒と既卒の違い

まず、新卒と既卒の就活の違いを知っておきましょう。

バツが付いている

一度就活に失敗しているという絶対的事実は変えられません。面接官側からすれば、面接でどんなに好印象に見えても、「1年間どこの企業にも拾ってもらえなかったってことは何か地雷があるのでは?」と勘繰らざるを得ません

 

1年分のプライド

新卒の就活生を見て、「就活のやり方下手だな」と見下してはいませんか?

就活を経験している分自分は上なんだと勘違いし、就活に真摯に向き合うことができない人が多いです。むしろ下から逆転する気持ちで行きましょう。

 

既卒就活のメリット

一方で、既卒だからこそ有利なことも沢山あります。

スタートが早い

就活のESの書き方や面接作法などを既に知っているので、その分新卒よりも時間に余裕があります。また、就活の流れが分かっているためスムーズにスタートが切れます

 

方向性が決まっている

新卒のときに自分のやりたい職業について悩み切ったことでしょう。およその方向性が決まっている分、志望企業選択が容易です。

就活は方向性さえ決まっていれば考えることは多くないです。新卒だと負担が重いので、考えるのが苦手な方は失敗しがちですが、既卒の就活で大成功するケースも少なくありません

 

既卒就活のやり方

1.志望分野を確定する

新卒の時点でおよそ志望業界を考えたはずですが、それでも複数業界を志望した方も少なくないでしょう。まずは志望業界を確定しましょう。

そうすれば志望業界だけ考えれば良いため志望動機が書きやすく、面接も同じ質問が多いので対応しやすく、志望業界を絞るだけで内定率がぐん!と上がるんです。

 

2.既卒の理由を明確に

新卒のときはなぜ内定が貰えなかったと思いますか?

面接でほぼ確実に聞かれる質問です。内定が貰えなかったから既卒というのは全員承知していますが、内定が取れなかった理由は何なのか、自分の欠点や不足していたものを考えてみましょう

模範解答としては、志望業界の絞り込みの甘さなど、能力面じゃない方が良いでしょう。能力面にする場合は改善した事実と、改善方法まで伝えましょう。

 

3.既卒専用の就活サイトに登録する

新卒のときはマイナビやリクナビなどの就活サイトに登録したでしょうが、既卒専用の就活サイトがあるのをご存じですか?有名どころでいえば「ウズキャリ」「DYM就職」などですね。

おすすめ既卒専用就活サイト
  1. 「ウズキャリ」
    社員が個別にサポートしてくれる、厳格基準でブラック企業排除、内定率86%以上
  2. 「DYM就職」
    就職率96%、書類選考無しで面接可能、九州地方でも面談可能
  3. 「RUN-WAY」
    女性専用の就活サイト、女性に嬉しい条件の良い職が多数

 

以上今回は既卒学生の正しい就活方法を紹介しました。就活サイトに登録すると同時に、就活イベントに参加することで他の学生を見て刺激を貰うことも大切です。

 

関連記事もチェックしてみて下さい↓

www.kami-kaze.com

www.kami-kaze.com