かみ速study

偏差値40でTOEIC930点・東大合格。実力なんて無くてもテストは解けます。テストのためだけの勉強法教えます。

院試落ちた気分はどう?体験談 -推薦入試編part3

 

ついに推薦入試シリーズ第3弾!

最終回です!

 

ご存じの通り、私は名古屋大学院を推薦入試で受験しました。

名古屋大学の推薦入試は、

  1. 書類選考
  2. 面接
  3. 口頭試問

という流れです。

 

まず書類選考を余裕で一次通過しました。

結果通知と一緒に面接案内が届き、面接へ向かいました。

手応えは無かったですが、後日合格通知が届きました。

それから一か月後、口頭試問の日がやってきました。

その日私は、、、

 

その前に!第1弾、第2弾を見逃した方はこちら↓

kami-kaze.hatenablog.jp

kami-kaze.hatenablog.jp

 

 

私が落ちた理由

前述の通り、私は名古屋大学院を推薦受験しました。

書類選考、面接は無事合格しました。

そして口頭試問ですが、

 

パスしました!

pass(合格)の意味じゃないです。

7並べなんかで使う「パス」です。

英語も同じだから伝わりづらいですね。

要するに受験しませんでした。

 

京都大学の合格通知が先に届いたんです。

京都大学の方が志望順位高かったので。

それと口頭試問の日程が、東大新領域の受験日と重なってた気がします。

その日は新領域の筆記試験に行ってました。

もちろん後で不合格通知が届きました。

口頭試問の参加は必須なんですね。←当たり前(笑)

なので実際は落ちてないんですが、不合格通知見た時の心情は完全に落ちた気分でした。

別にいいと思っていても辛いものがあります。

 

今回は推薦失敗した組として、落ちた方へ励ましと愚痴を書いていきます

前回まで成功者として偉そうに語っていた奴がね。

ほんとすみません、、。

面接までは受かってるんで許して下さい。

 

実際ここまで来たら口頭試問も書きたかったです。

合格した友人の話を聞いて、あたかも自分のことのように書いてしまおうとも思いました。

でも正直にお話しします。

落ちました。

 

落ちたときの気分

不合格通知は9月に届きました。そのときの気分は本当にダークでした。

まず「あん?」ってなります。

書類と面接で2回合格貰ってて、からも不合格。

おだてておいての不合格。

最後の最後に、不合格、、。

 

そういえば就活のときも同じことがありました。

院試より後の話です。

大学院2年の5月、私は不動産会社の面接を受けていました。その会社は小さい会社ではありましたが、社員の方が優しくていいなと思っていました。社員の方とは仲が良かったので、面接も優遇してくれて難なく通過しました。

そしてついに最終面接を迎えました。

これまでの面接は仲の良い若手社員でしたが、最終面接は知らないおじさんでした。

もう察しがついていると思いますが、私はこの最終面接で落ちました。

理由はたった1つの質問でした。

 

「内定出したら絶対ウチに入ってくれる?」

歯の抜けたおっさんがごもごもと聞きました。それは会話としてではなく、相手を試す意地汚い言葉でした。だからこそ私は聞き取れなかった。

 

「え?」

本当に聞き取れなかっただけでした。

「もう一度お願いします」と言う頃には手遅れでした。

 

「おいおい(笑)来てくれないのかよ(笑)」

おじさんは数少ない歯を見せて笑い出しました。今度ははっきりとした言葉を添えて。

 

うぜ。

 

今となっては良い思い出です。行かなくてよかったです。

面接ってさ、「話しようぜ」って場所なのに、一方的に質問を押し付けて測ろうなんて間違ってる。

相手の話を聞こうとしない。自分の言葉が絶対で、それについて来ない人は要らないって。

そんな会社でした。

 

院試だって同じです。それこそ“縁が無かった”んです。

悪いのは自分じゃない。悪いのは相手です

そして何よりも相性が悪かったんです。

 

落ちた時って相手の悪いとこばかり見えてきませんか?私みたいに。

ってことは、自分にとってその程度だったってことです。

 

離れて悪いとこが見える彼氏は分かれて正解。

一緒にいて悪く見える彼氏でも、離れて良い所が見えるなら、その別れは致命的。

そんなものです。結局別れてからしか分からない結果論ですが。

 

あなたの別れは正解だと思います。

信じてください。

まだ推薦入試で良かったじゃないですか!

まだ一般入試も残っていますし。

 

深呼吸してみて下さい。

 

さあ次に向かいましょう!