高校・大学の受験と違って、院試には面接があります。

筆記試験と同じだけの配点があり、面接で失敗すると合格は遠いです。

 

一方で、面接は対策しにくい科目でもあります。

そんな面接対策の第一歩を踏み出すために、まずは「面接時の適切な服装」を知りましょう。

 

スーツの選び方

院試の服装は基本的にスーツです。

 

大学の入学式で使ったようなストライプや柄のついた派手なスーツではなく、就活用スーツなどのシンプルで明るめのものがベターです。

 

 

スーツの色

明るい黒色が基本です。

葬儀用の漆黒スーツではなく、第一印象を上げるために明るめの黒色を選びましょう。

 

新しく購入する際は「就活用のスーツをお願いします。」と伝えましょう。

いずれ院修了後の就活で使いますし、兼用にすれば安く済みます。

 

どうしても紺色がいいという方はそれでもOKです。

ただし、悪目立ちしてしまいますのでなるべく黒に近い色を選びましょう。

 

 

スーツの形

いまは就活用スーツのコーナーがありますので、特に気にしなくてもすんなり買えるはずです。

院試で使いますと言っても伝わらないので、就活用のスーツとして見立ててもらってください。

 

特に男性はズボンの丈を短めにされますが、嫌がらず指示に従ってください。

短い方が足がスマートに見え、印象が良くなります。

 

 

クールビズでもジャケット持参

大手企業だと面接のタイミングは夏と重なります。

 

クールビズが推奨されている時代ですし、夏はジャケット不要でしょうか?
難しいところですが、答えはNoです。

 

 

クールビズは日常業務において必ずしもジャケットが必要でない人に推奨されるものです。

 

初対面の人と会う際はジャケットを羽織った身なりで接するのがビジネスマナーです。

面接には初対面の教授陣がいらっしゃいますので、持参しましょう。

 

順番待ちの間は脱いでおいて構いませんし、たいていは「脱いでいいですよ」と係りの方が言ってくれます。

 

 

ネクタイの結び方

ネクタイもジャケットと同様にクールビズの時期でも持参しましょう。

外が暑ければ、会場到着後にトイレで付ければOKです。

 

 

結び方はプレーンノットが一般的です。

慣れないのに難しい結び方をする必要はありません。

むしろ簡易的な方が若者らしく、好印象です。

 

結び方はこちらで紹介されています。

まあ多少曲がっていても怒られることはありませんのでご安心を。

 

 

カバンの選び方

普段使っているカバンが黒く目立たないものであれば大丈夫です。

ただし、リュックは失礼と受け取ってしまう面接官もいますので避けましょう

 

もし色のついたカバンしか持っていないという方で新しく購入される場合は、スーツ同様、就活用のものを選びましょう

 

アマゾンなら30005000円程度で手に入ります。

就職後まで使うものですし、良いものを買っておいた方が長い目で見ると安く済みますよ。

 

 

髪型・髪色

服装の繋がりで、髪型についてアドバイスです。

 

金髪NG

まず髪色ですが、当然金髪はNGです。

 

ただ、就活と違って合格後も学生として自由な髪型で過ごすわけですから、多少の色は許してくれる面接官が多いです。

 

茶髪でトーン7までなら許してもらえます

それ以上の明るさのものはスプレーや1日黒戻しなどを利用しておきましょう。

 

髪色について
金髪NG
茶髪トーン7までならOK
それ以外はスプレーや黒戻し(その後も黒でいいなら黒染め)

 

 

髪型

 

髪型の注意点
束感NG
外はねNG
丸く落ち着いた感じに。

 

普段ヴィジュアル系の髪型をしている方は要注意です。

まず、束感のある髪型は控えましょう外ハネも厳禁です。

 

年配の教授陣をお父さんに持つ彼女と結婚のお願いに行くイメージでセットしましょう。

ぴったりと丸い落ち着いた髪型が気に入られます。

ださいですが、1日だけ我慢して...

 

 

当日の服装(実際に私が着て行った服装)

では、参考までに私がどんな服装で面接に挑んだかお話します。

一番遠かった京都大学の受験に行った時の話です。

 

 

まず、スーツは黒の上下で、ネクタイとジャケットは手持ちで会場に向かいました。

最初からスーツで新幹線に乗ったわけです。

 

カバンは手持ちの黒色バッグ

靴は黒のつま先が尖ったタイプのものでした。

髪は全部寝かせてワックスでハネないように抑えただけ。

 

京都駅からバスを経由して大学に着くまでその格好でした。

 

 

大学に着いたらジャケットを羽織って、鏡なしでネクタイを付けて校内に入ります

会場の教室近くのトイレに入ってネクタイと髪のハネを整えたら完成です。

 

あとは面接に呼ばれるまで席で待機するだけ。

 

 

 

私の場合はスーツで向かったので、トイレで着替える必要もなく簡単でした。

私服で行って途中でスーツに着替えようとすると、時間もかかりますし、スーツを持ってくのって意外と大変なのでオススメしません。

 

 

私の経験も参考にして、スーツとカバン選び、当日の服装まで考えてみてください。

院試は勉強だけでなく、こういう準備も大変ですが、夢のためにもう少しだけがんばっていきましょう。