インターンシップ行かなきゃいけないのは分かるけど、どうやって始めたらいいの?

就活は全員初めてのことですし、分からなくて当然です。
今回はインターン応募から参加後のお礼メールまで丁寧にご紹介していきますね。

 

インターンに参加する意義

インターンってよく聞くけど、意味あるの?

 

そもそもインターンとは、インターンシップの略称で、企業が開催する仕事体験イベントです。

 

半日もしくは1日だけ行う簡単なものから、2週間や3か月という長い単位で開催される長期インターンまであります。

 

企業ごとに期間と内容は違い、同じ業界でも全く違う企業の「色」が表れます。

 

また、インターンに参加していないと選考に進めない企業も存在します。

インターンで実際の仕事風景を体感した学生の方が入社後のギャップが小さく、早期辞職しにくいからです。

 

それ以外にもインターンに参加するメリットはたくさんあります。順に紹介していきます。

 

インターンに参加するメリット
  • 短時間で企業研究できる
  • 将来のライフスタイルを計画する
  • 会社の雰囲気「色」を知れる
  • ネットに出回っていない最新情報を知れる
  • 就活仲間に出会える(彼氏彼女もできちゃうかも♡)

 

 

インターンに参加するメリット

 

短時間で企業研究できる

就活生の皆さんは就職先選択のために色んな企業のHPを見て企業研究していることでしょう。

 

本格的に企業研究を進めている方であればお気づきでしょうが、企業研究はとても時間がかかります。

 

1社研究するだけでも、経営理念や部署構成、事業内容に加え、福利厚生、IR株式情報、中長期経営計画、グループ企業の動向など、きりがありません。

 

インターンに参加すると、始めに企業情報をパワポで紹介して貰えます。

文字だらけの企業HPを読まなくても、重要なとこだけかいつまんで教えてもらえるんです。

 

特に1dayインターンはたった1日で企業研究を完成させることができます

 

また、HPには書いていないような内々の事情や、先輩の体験談なども紹介して貰えます。

 

多くの企業を研究しようとする学生ほどインターンに時間を費やして効率良く企業研究を行っています。

 

将来のライフスタイルを計画する

1dayインターンはグループワーク中心のものが多いため、実際の業務というよりは仕事体験イベントのような軽いノリのものが多いです。

 

一方で2週間以上の長期インターンでは、データ整理など簡単なものですが実際の業務に携わることができます。

 

仕事から帰ってきては寝ての繰り返しの生活から、自由な時間の少ない社会人の生活リズムを体感し、将来のライフスタイルを考えるきっかけになります。

 

平日の夜は寝るだけで、休日も土曜日は一日寝るだけで、実質的な休日は日曜日のみ。

 

学生の今とは全く違う生活リズムを感じることで、「仕事メインの生活をしたい!」という考えの人も、自由な時間の大切さや、給料以上に時間がある職業を探そうと考え始めることが多いです。

 

 

インターンに参加せずに就職した学生は、入社後に自分の生活リズムが崩れ、精神的にも参ってしまう方も少なくありません

 

家族を持つことや趣味の時間確保、マイホームのローン返済のための給料事情など様々考慮して具体的にライフスタイルを計画してみましょう。

 

 

会社の雰囲気「色」を知れる

インターンは選考に関連するものですから、インターンを開催するのは人事部です。

 

就活の本選考では、人事部と何度か面接をした後、最終面接は経営層の幹部によって行われます。

 

 

どの会社でも同じ流れで行われます。

そのため、人事部は会社経営層と強いつながりがあります。

よって経営層が決定する会社の経営方針(会社の色)をよく表すのが人事部です。

 

社員は会社の経営方針に従って業務を行うわけですから、会社経営方針と会社の雰囲気はおよそ似ています。

 

どんな雰囲気の会社なのか、どんな性格の人が働いているのか、知りたいときは人事部の様子をよく観察することが有効です。

 

インターンは人事部の社員と直接話せる貴重な機会であり、HPやパンフレットなどの媒体では決して知ることのできない「生の情報」を得ることができます。

 

入社後に「こんなはずじゃなかった」「早く仕事辞めたい」となってしまわないために、インターン経由の人事部との交流はかかせません。

 

 

まだネットに出回ってない最新情報を知れる

会社の色を知るということも含めて、ネットには出回っていない最新の動向や、会社内部の情報、先輩の声などを聞けるのがインターンの大きなメリットです。

 

また、ネットのような一方的な情報受信ではなく、こちらから能動的に質問できる点も魅力です。

 

 

中堅~大手企業では、1~3年目の若手社員1人に対して学生10人で囲んで質問できる「座談会」が用意されているインターンが多くあります。

 

座談会では、先輩社員が入社した理由や面接攻略のコツまで聞くことができ、さらに給料事情まで聞けちゃう会社もあります!

 

私はプライベートの時間を有意義に過ごしたい性格なので、残業時間がすごく気になっていて、いろんな企業の座談会に参加し、「本当の残業時間を教えてください」と言い回っていました(笑)

 

 

就活仲間に出会える

グループワークのあるインターンでは、参加する同年代の学生と意気投合して就活仲間になるケースがあります。

体育会系の企業のインターンで特に多いですね。

 

就活仲間を作るメリットとしては、同じ企業のインターンに参加していることから同じ興味を持っている点が大きいです。

 

 

同じ業界を中心に就活しているため、自分の企業研究が浅い企業についての情報を提供して貰えますし、志望企業のエントリー締め切りを教えて貰えたりします。

 

また、就活期間中は休日に遊ぶとなっても、「就活やらなきゃ」という罪悪感からあまり楽しむことができないことが多いですが、就活仲間とだと就活の話をして盛り上がることができるので、「これも就活の1つだ」と開き直って存分に満喫することができます。

 

 

ここで、彼氏彼女なしのフリー学生に朗報です!

実は、就活仲間と恋仲になることも少なくありません。

 

就活の忙しさでそれまで付き合っていた彼氏彼女と別れてしまうカップルが多く、就活中はフリーの男女が多いです。

 

そんなときにグループワークで意見がよく合う異性が現れて仲良く話しあったら、恋に落ちてもおかしくありません。

 

家に一人でカタカタとパソコンで企業研究する毎日、就活中は誰しも寂しいんです。

 

もちろんそれを目的としてインターンに参加するのは邪道ですが、そのくらいのおまけがあっても許されるんじゃないでしょうか?(笑)

 

 

インターンの種類

企業HPを見たら1dayインターンと2weekインターンがあったんだけど、期間以外にどんな違いがあるの?

 

インターンは期間別に種類分けすることができます。

 

開催期間が短ければ内容が限られますし、長期インターンであればより具体的な内容まで体験することができます。

 

どちらが優れているではなく、それぞれにメリットとデメリットがありますので、自身の希望に合ったものを選びましょう。

 

 

1dayインターン

1dayインターンとは、午前のみor午後のみor1日間で行われるインターンです。

 

半日だと3時間で終わるものもありますし、1日目一杯かけて行われるものはグループでご飯を食べる楽しみがあります。

 

どちらも基本的な流れは同じで、1日のものは半日に比べてグループワークの時間が長く与えられています。

 

1dayインターンの流れ
  • 会社説明
    企業の事業内容や経営方針をパワポで紹介。
  • 個人ワーク
    業界の課題に対して一人で考えてみる。
  • グループワーク
    与えられた課題に対して考えた内容をグループで共有して深め合い、グループの最終結論をまとめる。。
    話し合いの前に自己紹介があるので、準備しておくこと。
  • 全体共有
    グループワークを通して感じたこと(業界や仕事について)を全体で共有する。
  • 座談会
    1~3年目の若手社員を取り囲んで質問できる。
    複数部門の先輩が来てくれるので、興味のある部署の情報を知ることができる。
    時間が限られているので事前に質問を用意していくこと。
  • 懇談会
    先輩社員と一緒に軽食を囲む立食式の懇談会。若手だけでなく部長クラスも出席。

 

企業研究のためにインターンに参加しようという学生には短時間で済む1dayインターンはオススメ。

 

また、1dayインターンは長期インターンよりも参加人数が多いため、就活仲間を見つけやすいです。

参加する学生を見て、入社する学生の質を見極めるのもポイント

 

 

長期インターン

長期インターンは、1ヶ月以上のものを指す場合もありますが、ここでは2週間以上のものと定義します。

※2週間インターンは最も一般的なので、長期というよりは通常インターンとして捉えられている場合が多いです。

 

長期インターンは、始めに会社説明をしてもらえる点は1dayインターンと同じですが、長期にわたって大量の学生を受け入れることはできないので、たいていは少人数で行われます

 

大手企業でも、受け入れ学生1人だけというケースも全然あります。

 

長期インターンは学生に働いてもらうことを前提としているため、実際の業務に近い内容を行える点が短期インターンとの大きな違いです。

 

長期インターンの流れ
  • 会社・事業説明
    会社概要と行う業務に関わる事業の説明。
  • 歓迎会
    初日もしくは初週末に店で行う宴会。
    配属部署の先輩のおごりでお酒を飲む。
  • 実際の業務
    データ整理や数値計算などの軽作業もしくは企画など発想力を必要とするアイデア系の業務を行う。
  • 成果報告
    インターン最終日にインターンで学んだことや成長したことをパワポで発表する。
  • お別れ会
    インターン終了日に行う宴会。もちろん先輩のおごり。

 

長期インターンの主なメリットは、実際に近い業務を行える点です。

 

また、短期インターンではその短期間だけ猫を被っている企業もあり得ますが、長期インターンでは実際に仕事をしている先輩を間近で観察することができ、本当の会社の雰囲気を知ることができます。

 

もし志望企業が1つに決まっている方は、長期インターンに参加してみて、本当の姿がイメージと合致するか、しっかりと見極めておくことをオススメします。

 

人は自分の好きなものを、頭の中で勝手に美化してしまう傾向があります。

長く理想に掲げている職業がある場合は、独りで突っ走って勝手なイメージになってしまっていないか、ちゃんと確認することが重要です。

 

希望が変わることは絶対にないとしても、イメージとの多少のギャップを入社前にチェックしておかなければ、入社後後悔することになりますよ。

 

 

インターン平均参加社数

インターンの重要性は分かったけど、何社くらい参加するものなの?

 

インターン参加数は人によって1〜30社と結構幅があります。

ただ、早期内定が取れる人はだいたいこのくらいって基準はあります

 

 

理系のインターン平均参加社数

理系学生は専門的な業務が多く、およその仕事内容が分かっているためインターン参加する人は少ないです。

 

また、同業他社の業務がほぼ同一なので比較検討する意義が無い点もインターンが敬遠されている理由の1つです。

 

さらに、一旦会社を絞ってしまえば、学内推薦等の手段で早期内定できてしまうことからもインターンの必要性が薄くなっています。

 

しかし、あまり考えずに就職するために離職率・早期転職が多くなっているという面もあります。

 

納得した就職をできた人と、離職してしまった人のインターン参加社数は、やはりインターンに参加しているほど納得した就職ができている結果があります。

 

理系のインターン平均参加数
平均1〜2社
早期内定する人たちは1〜5社
(うち離職率が低いグループは3〜10社、一社に絞って就活した学生が多い)

 

 

文系のインターン平均参加社数

文系学生のインターン参加社数は平均3〜5社と、理系学生に比べて多いです。

 

主な原因は、就職先が幅広いことです。

まず業種を絞るのに3社ほど参加し、同業界内で比較するために5社ほど参加するといった具合。

 

早期内定者に関しては、「30社以上参加して希望の企業を見つけたケース」と「あらかじめ業種が決まっていたため2〜3社参加してすぐに内定したケース」の大きく2パターンに分類できました。

 

特にベンチャー企業や外資系企業は経団連のルールに縛られずに早期から採用活動しており、それらに興味を持つような仕事意欲の高い学生が早期内定率が高い傾向にあります。

 

文系のインターン平均参加数
平均3〜10社
早期内定する人たちは20〜30社
(外資系、ベンチャー企業が多い)

 

 

インターンに参加する時期

インターンって夏休みにやるイメージだけど、まだやってるの?

一般的に長期インターンは夏休み中に行われます。休暇中なら学生が参加しやすいためですね。

 

しかし、夏から冬までインターンは開催されています

むしろ本選考直前の冬季インターンは内定に繋がりやすく、夏のインターンよりも重要視される場合があります。

 

  • 夏休み期間 本格的長期インターン
    最初のインターン時期で、人事の目が光っているので、ここで参加した学生の中から多く採用される傾向にある。
  • 9月〜10月 お試し1dayインターン
    自己分析講座やグループワーク練習など、本選考の練習を含めたイベントとしてインターンを開催する企業が多い。
    志望企業を見つけるために参加する学生が多いので、業界説明など初歩的な内容
  • 1〜2月 本格的1dayインターン
    本選考を目前に控えた学生たちのインターンであり、ここで参加するということは志望度が高いとされ、内定に繋がる。
    インターン参加後〜本選考の間隔が短いため、面接する人事社員が覚えててくれて内定に繋がったケースも。

 

インターン参加方法

おれインターン行くわ!
でもどうやって応募したらいいの?

 

応募方法はカンタンです!

 

インターン応募方法
  • マイナビ等の就活サイトから応募
  • マイナビ等に掲載のない企業はHPから応募

 

 

マイナビ等の就活サイトから応募

マイナビやリクナビで企業ページにインターンに応募と表示があれば、インターン募集中の企業です。ワンクリックで応募が可能です。

 

  1. タブ「インターンシップ」からインターン検索画面に進み、企業名や開催地、業種等を選んで検索する。

  2. インターンを開催している企業ページに進み、応募をクリック。

  3. たったこれだけの作業で、マイナビユーザーであればすぐに応募が完了します。
    応募が完了した旨がメールで届き、後日予定確認メールが企業から届きますのでお待ちください。

 

 

マイナビ等に情報の無い企業の応募方法

マイナビ等に情報のない企業はHPから応募できます。

採用情報ページにインターンサイトがあれば募集中です。名前や簡単な自己紹介を書いて応募できます。

 

  1. 採用情報ページ(新卒採用ページ)に進む。


  2. インターンシップ専用サイトに進む。

  3. エントリーする。
  4. 個人情報や志望動機を入力して応募完了。完了メールと日程確認メールが後日届きます。

 

 

インターン参加前に準備するべきたった1つのこと

インターンって意外と簡単に応募できちゃうんだね!

簡単すぎて逆に不安だよ!なにか準備しとくこととかないの?

 

インターン前に準備しておくべきことはたった1つ!

本当に行きたい気持ちを固めることです。

 

これをしておくだけでインターン参加による効果が何倍にも増加します!

 

 

よくありがちなのが、

あー、就活だからインターンに行かないと!

と思考停止で参加しているケースです。

 

その場合、インターン後に得るのは参加した事実のみです。

インターンの時間を無駄にしてしまう人の共通点は、インターン前に必要なたった1つのことができていないことです!

 

 

そのたった1つのこととは、目的意識を持つことです。

 

どうしてインターンに参加するのか、なぜその企業なのか、そこで何を学びたいか、どんな質問をしようか、参加することは今後の就活にどう生きるのか、内定にどう繋げるかなど、目的と理由をじっくり考えておきましょう。

 

考えてみると興味が湧いて、聞かれたとき自然に質問が出てきますし、自己分析の一環になります。

 

また、人の気持ちは外見に現れるものです。

特に人事は観察眼に長けていますから、本当に意欲のある学生かどうかすぐ分かります。

本心からの興味を態度に表せるようにしておきましょう。

 

目的意識を持つために考えるべきこと
  • どうしてインターンに参加するのか
  • なぜその企業なのか
  • そこで何を学びたいか
  • どんな質問をしようか
  • 参加することは今後の就活にどう生きるのか
  • 内定にどう繋げるか

 

 

インターン参加のマナー5つ

よし!これで事前準備も参加方法も分かったし、インターンなんて余裕だぜ!

ちょっと待ってください。

インターンには大切なマナーがあります。

 

アポ取りメールは不要

インターン応募方法はHPやマイナビ等でネットの応募フォームから行います。

応募フォームを送った後はわざわざ電話やメールでアポ取りを行う必要はありません。

 

フォーム送信時に送られてくる確認メールにも「返信不要」の記載があります。

企業の負担を増やすだけですので、意欲的なアピールを返信するのは控えておきましょう。

 

 

お礼メールを送る【テンプレあり】

アポ取りは不要ですが、インターン終了後日のお礼メールは必要です。

 

わざわざ人とお金をかけてインターンを開催してくださった企業への感謝を込めてメールを送ります。

 

インターン翌日の午前中(9時から12時)に送るのがベストです。

翌日が休日・祝日の場合は月曜日に送りましょう。

 

逆に、送ってはいけない時間帯もあります!

 

絶対に送ってはいけない時間帯
  • 昼休み時間(12時〜13時)
    午前中を逃したときは午後いちで送りましょう。
  • 定時以降
    社員さんが勤務時間中に返信できるよう、定時を過ぎてメールを送るのはやめましょう。
    遅くなってしまったならまた翌日の朝に送りましょう。

 

 

お礼メールの内容は下記のテンプレート通りでOKです。これは就活時代私が実際に使用していたテンプレートですので信頼できるものです。

 

<お礼メールテンプレート>
件名:  ”〇月〇日”インターンシップのお礼 “大学名 氏名”本文:“〇〇株式会社 担当者名”様”昨日”インターンシップに参加させて頂きました”大学名”の”氏名”と申します。この度は、お忙しい中貴重なお時間を割いて頂きありがとうございました。インターンシップを経て、貴社にますます関心を持ち、以前にも増して入社意思を強く持ちました。

特にともにグループワークを行った仲間との議論は白熱し、意欲の高い学生の集まる貴社で高いモチベーションで仕事をしてみたいと感じました。

この度は本当にありがとうございました。

今後の本選考にも参加させて頂きますので、何卒よろしくお願い致します。

“○大学○学部○学科3年”

“氏名”

“メールアドレス”

“電話番号”

 

 

 

終了後のお礼回り

インターン当日の終了後、帰り支度を済ませたら関係社員さんたちにお礼の挨拶回りをしましょう

 

会場に何人もの社員の方がいる場合は、人事部と幹部のお偉いさんにだけでもお礼を言っておきましょう

 

後日お礼メールを送るにしても、メールを見て就活生の顔を思い出せることはほぼありません。

直接顔を合わせてお礼を言った上でメールを送ることで、顔を印象付けます。

 

人事と幹部社員は本選考の面接官役になるので、特に欠かさずお礼を言いましょう

 

内容は軽いもので構いません。

本日はありがとうございました。〇〇大学の〇〇と申します。本選考にも参加させていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

また、質問して入社意欲をアピールしても良いでしょう。

貴重なお時間を頂きありがとございました。キャリアアップついて質問してもよろしいでしょうか?私は〇〇部署に興味があるのですが、そこではどんな雰囲気の方が多いですか?

 

 

内定率を上げるひと工夫!

受験と違って就活は人と人の面接重視で行われます。

内定率を上げるには印象が最も重要です。

 

そのために2つのポイントを抑えておきましょう。

 

服装のひと工夫

事前に日程や持ち物についてメールが届きます。

ほとんどの企業が「私服で構いません」と記載しています。

事実、私服で参加する就活生が9割以上のケースも少なくありません。

 

しかし、当日はスーツで参加することを強くおすすめします。

なぜなら、私服は学生感が強く、将来働いている姿を想像しにくいためです。

 

一方スーツであれば、入社後の働く姿を直接的にイメージさせます。

人事社員からすればスーツで来た就活生の方が採用後のイメージが想像しやすく、働いてくれそう、採用したいイメージに繋がります。

 

もちろん、浮きたくない、周りと同じ方がリラックスできるという方は私服参加がいいでしょう。

 

プラスアルファの効果を求めて、本来の実力さえ発揮できないままでは元も子もありませんからね。

 

 

能力よりも人の良さ

インターン中のグループワーク等で「できる人」アピールは不要です。

 

インターンでは仕事の結果よりも取り組む姿勢や人との関わり方など、その人の素の性格を評価します。

能力面は本選考時の面接や履歴書でいくらでも計れますから。

 

グループワークでは、良い結果を残すために他人の意見を潰すのではなく、例え絶対にあり得ない意見だとしても快く受け入れましょう。

 

どんなしょうもない結論になったとしても、グループが仲よく結論を出せたことが評価されるのです。