最近、というかちょうど今日から、一級建築士の勉強を始めました。

始めに言っておきますが、私は建築学科じゃないし、建築法?なんて一単語も読んだことないです。

(後で調べましたが、建築基準法というらしいです。)

ただね、大学生のときに興味本位で建築の講義取ってたので、始めてみました。

知ってますか?1級建築士って普通の人は受験すらできないんですよ。

建築系の講義を規定の時間以上受講していることが受験資格要件なんです。

ちなみに今までは講義に加えて、2~7年以上の実務経験を経てようやく受験資格が与えられるという絶望的な資格だったんですよ。

ちょうど今年9月6日に建築士法が改定されて、実務経験の制限がなくなったんです。

 

建築士法の改正

9月6日に閣議決定された建築士法改正では、以下の改定がありました。

建築士法改正内容
  • 指定の講義を取っていれば実務経験なしで1級建築士を受験可能
  • 工業高校卒業者はすぐに2級建築士を受験可能
  • 2級建築士はすぐに1級建築士を受験可能
    ※ただし、実際に免許を貰うまでには今まで通り実務経験が必要。

つまり、講義さえ受ければすぐに受験できるが、合格しても実務経験がないと免許証は貰えないってことです。

結局私は免許は取れないのかな、と思いつつも受験資格だけあるから受けてみようという謎心理です。

東大生なら免許貰えなくても謎モチベーションで試験合格できる説!!ということで、どうか見守って頂けたら幸いです。

ちなみに落ちても落ちた報告する気はないです。

しれっと無かったことにします(笑)

また経過報告も行っていきますのでね。ではまた!