問題の流れ

パート2用画像
part2は音声のみの問題です。

part2問題の流れ
  1. 質問や文章が1文だけ流れます
  2. 選択肢が流れます

    問題用紙には何も記載されておらず、音声だけを頼りに解きます。

     

    コツ1:質問の冒頭に注意しろ

    what, where, when, Howで始める質問が多いです。

    このタイプの問題は、冒頭1語を聞き取れなければ絶対解けません

    聞かれたのが場所なのか時間なのか、注意して聞きましょう。

     

    特にwhereとwhenは区別しづらいので注意です。

    それでも聞き取れない場合がよくあります。

    聞き取れなかった場合はwhenと見なしてしまってオッケーです

    なぜなら、最短で発音できるのがwhenだからです。

    経験上whenが出る確率が高いのも理由です。

     

    コツ2:「分かりません」は正解が多い

    part2では、質問に対して明確に答える選択肢が1つも無い場合があります。

    その場合には曖昧な回答が正解です。

    「It’s not decided.」「I don’t know.」などです。

    もしくは、「○○さんに相談してみたら?」もあります。

    曖昧な選択肢がある場合は、経験上それが正解である確率が高いです。

    もし自信がなかったら、とりあえず曖昧なものにマークしましょう。

     

    コツ3:問題冊子は捨てろ

    よく問題用紙に向かってリスニングしている人がいます。

    part2の問題用紙は白紙なので無意味です。

    人は同時に処理できる情報量が限られているので、目を閉じて音声情報に集中するのが吉です。

     

    コツ4:Would you~?は理由だけで返す

    Would you~?(~してくれませんか?)に対して、「No.」と断ることは100%ありません

    日本語でも「I’ll have a meeting.(会議がありますので)」と、理由だけで返しますよね?

    TOEICも同じです。Yes, Noに縛られないように。

     

    part2攻略にオススメの参考書

    究極のゼミpart2&1

    part別に練習問題とコツが紹介されています。初心者にも読みやすい仕様でオススメです。

    TOEIC公式問題集

    公式に発行されている問題集で、本番さながらの模試が2回分付属されています。

    part2はよく出る質問フレーズが決まっているので、それに慣れた方がいいです。そのため公式の問題集がオススメです。