簡単に起業でき、YouTuber等フリーランスとして自立できてしまう現代に、わざわざ就活してサラリーマンを選択する意味はあるのでしょうか?

皆さまに自信を持って就活して頂くために、就活するメリット、サラリーマンになるメリットをご紹介します。

 

リスク分散

起業が簡単になったとはいえ、やはり初期費用はバカになりません

100万円単位で初期投資が必要で、それで成功するかは別の話。

私の知り合いに、1,2年だけサラリーマンとして働き、その資金で食品系の起業をした人がいました。

しかし、1年も経たないうちに潰れてしまいました。

旧帝大出身で、決して頭の悪い人では無く、経営的思考もよく回る人でした。

参入は簡単だけど成功するかは運次第。起業はハイリスクってことですね。

 

一方、サラリーマンは選考という壁はあるものの、初期費用等の金銭的なリスクはなく、その後の安定した生活が約束されます。

 

将来起業するための自己研鑽

先ほど紹介した私の知人もそうでしたが、数年間サラリーマンとして働いた後に起業するパターンが最近すごく増えています

脱サラという言葉が少し昔に流行りましたが、サラリーマンを脱して起業やYouTuberとして活躍するケースは少なくありません。

サラリーマンとして働いた業界について深く専門的知識が身につきますから、それをネタにしたYouTubeで稼ぐ人が多いです。

 

YouTubeへの新規参入が急増し、新規参入で成功するのは難しいと噂されます。

しかし、新規参入はイコール視聴者でもあることと、YouTube普及に伴って一般視聴者も急増していることから、平均年収程度なら難なく稼げるでしょう

 

また、サラリーマンとして同業界で得た繋がりを利用して、同業を起業するのもアリ

会社を利用して得た人脈は、決して個人の努力では得られないほど広く、特にお偉いさんの繋がりは、一度就職したからこそ得られるものです。

 

遣える人の気持ちを知る

始めから起業すると、雇われる側の気持ちを知らない雇用主になってしまいます。

サラリーマンとして社会で雇われる側の気持ちを知ることで社員に好かれる経営者になることができます

バイトとは違う、それを生活収入源とする方々の気持ちを知らない雇用主の職場は、非常に雰囲気の悪いものになります。

皆さんもアルバイトをしていて、話しやすい職場とそうでない職場がありませんでしたか?

ちなみに話しやすい職場は一見集中力を欠く生産性の悪い職場に感じますが、海外の研究によって、話しやすい職場環境だとストレスに悩む時間が少なくなり、生産効率がアップすることが明らかにされています

 

将来サラリーマンの価値が向上する!?

近年、事業主になりたがる若者が増加しており、仕事に興味のない人、できない人が雇用される側になる傾向があります。

しかし、「できるだけ優秀な人材を雇用したい」というのが雇用主の気持ちです。

そうなると優秀なサラリーマンはたくさんオファーを受け、それだけ価値があるサラリーマンは賃金交渉もうまくいき、雇用主よりも年収が上がることが予想されます。

つまり、雇用主が人気になればなるほど、サラリーマンの価値が高まるのです

 

以上、いまサラリーマンになるメリットについて、価値が向上する仕組みを踏まえてご紹介しました。

就活生の皆さまが、YouTubeを見て社会に就活してもYouTuberには敵わないなと絶望せずに、前向きに就活に臨んでいただければ幸いです。