会社説明会やインターンに参加すると、プログラムの最後に「若手社員との座談会」が開かれることがよくあります。

皆さんと年も近いので何でも聞いてね

と言われますが、それでも社員というハードルは高いですし、後ろで見てる年配社員や人事の目も気にしてしまい、なかなか何でもとはいきません。

 

本当は給料とか突っ込んだところまで聞きたいけど、果たして何を聞くべきなのか。

 

今回は座談会において、

  • 「ぶっちゃけどこまでの質問が許されるのか」
  • 「人事の評価が高くなる質問は?」
  • 「質問すべき例文テンプレートを教えて」

って要望を全て叶えていきます。

 

 

 

ぶっちゃけどこまで許される?

就活生へのアンケート調査から、9割近い学生たちが「給料面って聞いてもいいの?」と疑問を持っていました。

 

結論から言えば、給料の質問もOKです。

座談会直前に人事の方から、「給料も聞いちゃっていいからね〜」とわざわざ言ってくれる会社もあります。

 

ネットでの企業研究で上っ面の情報は知っていますから、座談会で聞きたいのはやはり入社後の具体的なイメージですよね?

入社後どんな生活レベル、ライフスタイルを形成するのかイメージするために給料事情は欠かせません。

それを聞いて悪く考える人事はいないはずです。

 

 

ただし、聞き方には注意しましょう!

「ライフスタイルを具体にイメージし、入社後する自分の未来をより鮮明にしたいので、収入と残業時間等教えてください。」のように、目的を明確にして質問します。

 

ただ「給料おいくらですか?」と聞くと、個人情報の深いところを素手で漁られるような不快感を抱いてしまいます。

 

逆の立場でもそうですよね?

テストで「何点だった?見せろよ」って言われると嫌ですが、「俺点数低くてやばいかも、不安だからどのくらい取れたか教えて」って言われたら、優しく教えてあげようってなりませんか?

 

 

人事の評価を上げる質問例・テンプレ

人事の評価を高める質問の中にも2種類あります。

①就活生として人事の評価を高めるための質問と、②入社後長期にわたって自分の成長に繋げて人事評価を高める質問です。

 

就活生のみなさんは基本的には①を見ておくと十分でしょうが、せっかく質問できる機会ですから、アピールするだけでなく、②の質問をして自分を高めるチャンスにすることをオススメします。

それに、②の質問は企業研究を深める質問ですので、入社意識の向上や面接で自信を持った発言ができるようになります。

 

 

 

目的意識、持ってますか?

では早速、質問例テンプレをご紹介していきたいのですが、その前にひとつだけ肝に命じておいて欲しいこたがあります。

「座談会って名前とは裏腹に、これほ選考の一部である」ということです。

 

座談会も後ろから人事社員が見ている以上、評価の対象です

無礼講なんて考えを捨てて、どう自分を表現するか考えてください。

 

これから質問例テンプレをご紹介していきますが、すべて鵜呑みにせず、自分に合ったものっていうのが必ずありますので、自分に合ったもの・本当に聞きたいことをチョイスしてください。

 

 

なぜなら、目的意識のない質問をするのはただの観客です。

参加者として評価されたいなら、目的を持ち、その質問によって将来の自分をどうイメージ・形成できるのか、考えを持って質問しましょう

 

 

自分をアピールできる質問

それでは人事評価を高める質問・自分をアピールできる質問例を見ていきましょう。

 

入社前準備について

「御社で働くにあたり、精神的側面と技術的側面で、入社前に準備しておくべきことは何ですか?」
この質問でアピールできること
この質問でアピールできることは3つ。
  1. 入社前に自分で学ぶことで、会社の新入社員研修に頼らず、余計な手間をかけさせないこと
  2. 入社前から準備するほどの入社意思の強さ
  3. 入社後に活躍するための質問であり、入社後するつもり(第一志望)であること

 

 

新入社員の初期研修は、会社側にとって莫大な投資コストです。

ビジネスマナー講師を雇う賃金、教材はもちろん、弁当代、会場のレンタル料まで経費がかさみます。

 

新入社員の初期能力はそれぞれあっても、研修終了時には一定レベルに仕事ができるように育てておく必要があります。

わざわざ教えなくても自主的に学習してくれる学生は実質無料で成長するわけで、そりゃどこの会社も欲しがります。

 

 

また、入社後の自分をイメージさせることは非常に効果的です。

入社後の自分の姿を印象付けておくことで、大げさに言えば「この学生はウチで働いているのが当たり前」と人事社員に思い込ませるんです。

 

 

 

活躍する先輩の共通点

「若くしてエリアマネージャーになる先輩方に共通する要素を教えてください。」

 

「若くして活躍する先輩の共通点を知ることで、自分も活躍したいんだ」という積極性・やる気をアピールする質問です。

 

これは座談会の定番質問なので、もしかしたら先に他の学生に同じ質問をされてしまうかもしれません。

この質問をするときは、早めに質問するようにしましょう

 

 

回答から得られる情報としては、活躍するために先輩が行っている工夫のレベルを知ることで、どの程度仕事人間が集まっているのかを知ることができます。

 

たとえば不動産営業で、「毎週末プライベートの時間を使って用地を訪れてはその魅力を綴っている」という先輩がいたとします。

「私もそのくらい頑張ろう!」と思えた方には合っていますし、「プライベートの時間を使うなんてブラックだ!」と感じた方は選考参加を控えた方がよいでしょう。

 

自分を高めるための質問

次に、将来の成長に役立つ質問や、企業研究に役立つ質問(=面接のネタになる質問)をご紹介していきます。

 

他部署との交流

部署間の交流は盛んですか?

 

異なる部署との関係性や、コラボ企画の有無等を知る質問です。

部署内で凝り固まった発想にならず、コラボ商品を展開する会社なら、様々な仕事に携われるので飽きないで続けられます

 

また、他部署の考え方を積極的に取り入れる柔軟性のある会社であり、部署に縛られずに会社単位でまとまった会社といえます。

 

ただ、大手企業になるほど作業の分化が進行しているので、悪い意味ではなく交流が少ないこともあります。交流の無さは効率を高める場合もあり、一概に悪いとも言えませんので、よく考えてみてください。

 

ここで1つ注意して頂きたいのは、募集職種と違う職種との関係性を質問してしまう際です。

総合職で、自分も経験する可能性のある部署同士の交流については全然聞いてもらって構いませんが、配属の可能性の無い部署のことを質問すると、志願部署に本当に興味があるのか疑われてしまいます。

配属可能性の無い部署との関係性を質問する場合は、それなりの理由をつけて尋ねるようにしましょう。

 

先輩について知る

就活時の企業選択の軸を教えてください。

 

先輩社員が就活のときにどんな軸で企業選択をしていたか知る質問です。

 

この質問で分かることは2つ。

回答から分かること
  • 私の軸に合った会社かどうか
  • どんな社員が集まっているのか

 

まず、先輩の軸と自分の企業選択の軸を照らし合わせることで、同じならその軸でこの企業選びは正解だと自信に繋がりますし、違う場合はそういう考え方の社員が集まる会社で自分はやっていけるのか考えるいいチャンスになります。

 

また、先輩の軸と軸設定の明確さから、先輩の頭のよさを知ることができ、大学で言えばどのレベルの人かなと考えれば、何となく自分と合っているか確かめることができます。

 

その他よくある質問例・テンプレ

上記に挙げた他、よくある質問を集めました。

  • 仕事の1日の流れを教えてください。
  • 入社後初めての業務についてやりがいと苦労を教えてください。
  • 入社後に必要となる知識やスキルは何ですか?
  • 競合他社と比較して、御社の強みは何だと思いますか?
  • 現在、最も注力しているプロジェクトは何ですか?
  • 仕事のやりがいを教えてください。
  • この仕事をしていて一番嬉しかったエピソードを教えてください。
  • 入社前後のギャップは?
  • 日々心がけていることはありますか?
  • 今までの仕事で最も大変だったエピソードを教えてください。
  • モチベーションを維持するために何を意識されていますか?
  • 同業他社の中でこの会社に入社を決めた理由は何ですか?
  • 直属の上司の方はどんな方ですか?
  • 同期社員の方の定着率はどのくらいですか?
  • (女性社員に対して、)女性として働きやすいですか?
  • 社内はどんな雰囲気ですか?
  • 社員はどんなタイプの人が多いですか?
  • 成果をあげる上で必要なスキルは何だと思いますか?
  • 新入社員にどんな努力を求めますか?
  • 残業は何時間/月ですか?
  • 入社後の配属先はどのように決まりますか?
  • 昨年の有給消化率を教えてください。

 

以上、今回は座談会でする質問例・テンプレートをご紹介しました。

座談会だけでなく、会社説明会の最後の質問に役立ててもいいですし、上記リストをぜひ有効活用してみてください。