数年前から始まったWEB就活ですが、2020年コロナウイルスの影響により急加速しています。

これまでベンチャーや一部通信系企業のみの実施でしたが、大手企業がこぞってWEB面接や説明会のライブ中継を実施しています

 

ビデオ通話によるWEB面接には、内定へつながる一定の法則があります

直接面と向かわないからこそ色んなテクニックが使えてしまうのがWEB面接!

 

初心者でも簡単に始められるWEB面接のやり方・流れを、テクニックとともにご紹介していきます。

 

 

準備するもの

まず、WEB面接を始めるにあたって準備すべき機器等をご紹介します。

 

パソコン

企業と繋がるのにデバイスは必須。WEB面接はLINEやSkypeのビデオ通話機能で実施されます。スマホでも可。

内側カメラ

通称、内カメ。自撮り用レンズですね。ほぼ全てのパソコン・スマホに搭載されているので特に考えなくてもOK

マイク

スマホの場合は不要。低スペックPCだと音質が悪く、聞き手に伝わりづらいです。

内容いかんではなく、音質だけで印象が悪くなってしまいます。

スピーカー

最高の通信環境を確保しても、企業側の通信環境が悪いと音が途切れて聞こえる場合があります。

しかし企業側の環境を変えることは不可能!そんなときは高性能スピーカーを用意しましょう!

音質が格段に向上して、途切れた音声でもスムーズな面接に。

白い壁

背景は白で決まり。明るく誠実な印象を与えます。

さらに机に白い紙や反射板を用意して、顔に光を当てるとより好印象

ノートと筆記用具

逆質問の回答をメモ。用意周到な面を見せることで、家でゆったり気分でWEB面接に挑んでいる学生たちと差別化に。

録音機器

WEB面接のメリットは録音できることです。

面接内容をあとで聞き返して、次の面接の糧にしたり、面接官の印象を再確認できます。

当日緊張しててあんまり覚えていなかったことも思い出せたり、2社内定が出た時の比較ソースにも利用可能

 

 

WEB面接の始めかた

WEB面接はLINEやSkypeのビデオ通話機能で行われます。

 

特にベンチャー企業や人材系企業は、応募段階から就活生とLINE交換を行っていることが多いため、LINEのビデオ通話機能を利用してWEB面接が行われます

 

始め方で難しいことは何もありません。

指定されたタイミングで友達と電話するように通話を開始し、ビデオ通話ボタンを押します

すると内カメラで撮っている自分の姿が相手側に表示され、自分のスマホにも小画面で表示されます。

 

あとは面接官に言われるがままに質疑応答するだけ。

 

でもそれはただWEB面接を受ける方法。

内定を取るためにはさらなる準備が必要不可欠です!

 

 

事前準備・対策の簡単なコツ

では早速、WEB面接に使える超簡単で有効なコツをご紹介していきます。

本番前から準備するべきコツもあるので、事前の徹底的な準備を始めましょう。

 

 

背景選びのコツ

WEB面接では背景に部屋の模様が映ってしまいます。

 

白一色の壁を背景にする学生が多いため、面接官側は背景から学生の生活状況を読み取ろうなんて意図はありません。

しかし、背景さえも自己アピ―ルに利用しようってのが重要なコツなわけです。

 

背景選びのコツ
  • 自己啓発系ポスター・習字
  • その企業のポスター
  • その企業を研究した結果やグラフ
  • 自己PRの要点

 

上記の中でも特に効果的なのは「自己PRの要点を表示」するコツです。

例えば自己PRで「外部との交流の多さ」をアピールしたいなら、「積極的交流」などと書いて表示しておくと、自己PRの内容が面接官に伝わりやすいでしょう。

 

会場であれば口頭ですべて伝えなければいけませんが、表示により視覚で伝えられるのがWEB面接のメリットです。

 

 

話すときのコツ

話し方も直接面接とWEB面接では違います。

声がそのまま伝わる直接面接では普段より多少大きな声で話せばOKですが、WEB面接ではただ大きな声では伝わりません

 

ビデオ通話では、その人の声に似た機械音を相手側に伝えているだけです。

人間の耳は、肉声とその他の音声に分けて聞く構造になっています。

機械音と雑音を区別できないため、一音一音はっきりと発声しなければWEB面接では伝わりません

 

また、「あ・い・う・え・お」と口を大きく開けて発声する練習をしましょう。

音で伝わらない言葉も、映像を付加することで確実に伝えられます。

 

 

以上ピックアップした2つのコツだけでなく、背景選びのコツに挙げた表示を複数かけ合わせて実践してみてください。きっとあなたの内定の一助になるはずです。