TOEIC勉強にオススメの洋画8選

洋画を見ている男性

TOEIC勉強にオススメの洋画をまとめ、比較表を作成してみました。

 

テッド(TED)

テッドは日本では2013年に公開されたブラックコメディ洋画です。

テッド
リスニング難易度 ★★★★★
ジャンル ブラックコメディ
対象 上級者、成人男性向け

 

評価
  • スラングが多く、海外生活を意識した実践的な英語が学べる
  • 使用する言葉が難しく、スピードも速い。上級者向け
  • 内容は男性向け。男性にオススメ

 

スパイダーマン(Spider-Man)

スパイダーマンは2002年に公開されたアクション洋画です。

スパイダーマン
リスニング難易度 ★★☆☆☆
ジャンル アクション、恋愛
対象 初心者、子供~全世代

 

評価
  • 恋愛要素もあり、女性も楽しめます。
  • 話だけで進む場面が少なく、映像から会話を推測できるため、初心者も学びやすい
  • 有名なため何となく話も知っていて、分かりやすい
  • シリーズが多いため、たくさん学べる

 

ハリー・ポッター(Harry Potter)

ハリー・ポッターは2001年からシリーズ公開が開始された大人気洋画シリーズです。

ハリー・ポッター
リスニング難易度 ★★★☆☆
ジャンル ファンタジー
対象 初心者~上級者、子供~全世代

 

評価
  • 大人気作品のため広く販売されていて、入手が容易
  • 人物名や魔法名が頻繁に登場する。日常会話でも人物名はよく出るので、日常会話を学びたい方にオススメ
  • 同シリーズ作品が多い

 

インサイド・ヘッド(Inside Out)

インサイド・ヘッドは2015年に公開されたファンタジー洋画です。

インサイド・ヘッド
リスニング難易度 ★☆☆☆☆
ジャンル ファンタジー
対象 初心者、子供~女性向け

 

評価
  • 可愛いキャラで、子供や女性にオススメ
  • キャラは感情がモチーフになっているため、感情と英語を繋げて覚えられる
  • 私もこれで勉強しました!イチオシです!

 

ジュラシック・パーク(Jurassic Park)

ジュラシック・パークは、1993年に公開されたシリーズもののSF洋画です。

ジュラシック・パーク
リスニング難易度 ★★★★☆
ジャンル SF
対象 中級者~上級者、子供~男性向け

 

評価
  • 会話を聞き取れなくても映像でだいたい推測できる
  • 子供も楽しく学習できる

 

ホーム・アローン(Home Alone)

ホーム・アローンは1991年に公開されたコメディ洋画です。

ホーム・アローン
リスニング難易度 ★★☆☆☆
ジャンル コメディ
対象 初心者~中級者、子供~全世代

 

評価
  • 子供の言葉と大人の言葉が程良い割合で登場する
  • 映像から会話を推測できる
  • 子供も楽しく学習できる

ファンタスティック・フォー(Fantastic Four)

ファンタスティック・フォーは、2005年に公開されたSF洋画です。

ファンタスティック・フォー
リスニング難易度 ★★☆☆☆
ジャンル SF
対象 初心者~上級者、男性向け

 

評価
  • 研究所での静かな会話から、アクション中の早い会話まで学べる
  • シリーズ最新作が最近公開されたばかり

 

ナイトミュージアム(Night at the Museum)

ナイトミュージアムは、日本では2007年に公開されたファンタジー洋画です。

ナイトミュージアム
リスニング難易度 ★★★☆☆
ジャンル ファンタジー
対象 中級者~上級者、子供~全世代

 

評価
  • キャラが多くて楽しい
  • 子供も楽しく学習できる

以上今回はTOEIC勉強にオススメの洋画をご紹介しました。リスニング対策に有効なのでぜひ検討してみて下さい。